2020/07/04

万世橋の消えたランドマーク

 交通博物館がなければ神田川に架かる万世橋を渡ることもなかっただろうし、須田町や淡路町を知ることもなかっただろう。

Dsc06013-1c

 万世橋にあった交通博物館は、鉄道主体であったが交通と名がつくだけあって自動車・飛行機・船舶など幅広い展示をしていた。大人になってからは遠のいてしまったが、それでも近くで用事があり時間に余裕があると利用していた。とくに館内にあった列車食堂を模したレストランは穴場だった。2006年に閉館し、現在はJR系の高層ビルが建ち、中央線高架下は商業施設マーチエキュート万世橋となっている。写真は全て2004年2月28日撮影。

Dsc06020-1c

 館内に入ると黒々した蒸気機関車の姿に目を奪われる。左側の蒸気機関車は一部がカットされており内部構造が見られ、天井へ目を向けるとヘリコプターと複葉飛行機アンリファルマン、いずれも本物が展示されていた。

Dsc06019-1c

 さすがに船舶は模型だが、青函連絡船・津軽丸の姿に圧倒される。交通博物館にはたくさんの模型が展示されていたが、どれも精巧に作られ、ボタンを押すと動くものもあった。

Dsc06017-1c

 交通博物館の一番の楽しみは、この鉄道ジオラマ(博物館では鉄道パノラマと呼んでいた)。さすがにこれだけ大きいものは家庭に置けないので、子供だけでなく大人も憧れの眼差しを向けていた。走行していた鉄道模型はHOゲージ、ミドリの山手線やオレンジの中央線など都内で見かける通勤電車に加えて特急踊り子号や寝台列車カシオペア、貨物列車、新幹線など様々なJR車両が走行。模型とはいえ、新幹線は他の車両より走行スピードが速く、細かい気配りがされていた。

| | コメント (0)

2020/07/01

フィジカル・ディスタンス

 しばらく前にソーシャルディスタンスでなくフィジカルディスタンスと言いましょうとの話があった。これはWHOが推奨したもので、社会的距離のソーシャルディスタンスより、物理的に距離をとることを意味するフィジカルディスタンスの方が適しているとの話だそうだ。

Dsdf0956-2f

 しかし一度広まったソーシャルディスタンスという言葉をあらためるのは難しいようで、近所のスーパーはいまもソーシャルディスタンスと表示しているし、フィジカルディスタンスという文字を街中で見たことがなかった。

 ところがついに出会った。上の写真は都営地下鉄のエレベーター内に貼られていた、まさしくフィジカルディスタンス(フィジカルディスタンシング)の案内だ。しかも三密しないメッセージに加えて、都営交通のキャラクタ「とあらん」はマスクをしている。

| | コメント (0)

2020/06/28

小川町の消えたランドマーク

 靖国通りを駿河台下からさらに東へ向かう途中、小川町交差点の左角に小さな洋品店があった。

Dsc05998-2c

 フタバヤ洋品店は交差点中心に向かって建てられていたので、靖国通り・本郷通りのどちらからもよく見えたので覚えている人は多いだろう。丸いアーチをもつ屋根と最上部をアーチ型にした二連縦長窓の建物は、いわゆる看板建築のようだった。竣工1927年(昭和2年)、解体は2000年以降だが正確な年ははっきりしない、じつは久しぶりに小川町交差点を通ったら細長いビルに建て替わっていたので解体されたことを知ったのだ。写真は1998年11月撮影。

Dsc05999-1c_20200601103201

  上の写真は、営業中のフタバヤ洋品店。店頭の右側ワゴンにワイシャツ、左側スタンドに靴下が吊り下げられ、さらに店内上方にネクタイが並んでいる。じつはここでワイシャツを買ったことがある。

 さらに時代をさかのぼると、隣の尾張屋は木造だったし、その先の金石舎も古い建物のウィンドウの中に原石のようなものを展示していたと思うが、この記憶はちょっと自信がない。周辺を高いビルに囲まれながらも交差点を見守り続けたフタバヤは、いまは見ることができない小川町の消えたランドマークだ。

| | コメント (0)

2020/06/21

駿河台下の消えたランドマーク

 靖国通りを九段下から両国方面へ向かう途中の駿河台下交差点、楽器屋に並んで小さな消防署があったことを覚えているだろうか?

Dsc05722-1f

 いまは千代田区コミュニティサイクル・ちよくる駐輪場になっている所だ。看板に神田消防署駿河台出張所とあり、上の写真のように消防自動車が1台だけ停まっていた。写真は2008年5月撮影

 この建物は竣工1928年(昭和3年)、前回紹介した九段下ビルとほぼ同時代に造られ、解体は2013年。周りが高いビルになってもここだけ低いままで、そのギャップがどこかかわいい印象を与えていた。もしリノベーション・リフォームすればオシャレな空間になったかもしれないが、いまはもう見ることができない消えたランドマークだ。

Dsc06705-1f

 周りのビルと比べて、どれだけ小さいかは上の写真から想像できるだろう。この位置からだと、まるで楽器屋の後ろに隠れているようだった。

| | コメント (0)

2020/06/14

梅雨を告げる花

 今年の梅雨入の日は、午前中はときどき青空が広がりこれで本当に梅雨かと疑ったが、午後になると一転して強い南風が吹きはじめ雨が窓を打ち、まるで嵐のようになった。

Dsdf0782-1c

 毎年、梅雨になると花をつける木が近所にある。ネムの木である。各地の気象台が梅とか桜の開花を毎年観測しているのはよく知られており、地域によってはリンゴやナシの開花も観測している。残念ながらネムの開花はどこも観測していないようだが、この近所のネムの花が開きはじめるのはいつも梅雨入りの頃となる。

 上に載せた写真は、小雨の今朝(2020年6月14日)撮影したネムの花

| | コメント (0)

«ウィンナ・コーヒーが飲みたくなったなあ