2020/02/22

坪内祐三の「日記本」を読む

 坪内祐三の日記本を読む。そこには雑誌の連載には書けなかったことや文壇話など作家活動に関連する話に加え、日々の買い物や食事などの日常が記録されている。なかでも買い物記録がじつに面白い。

Dscf1244-2b

 買い物の大きな割合を占めるのが本、新刊本に加えて古本も多い。作家活動のための資料と言っているが、その幅広い分野と量が桁違いだ。たとえば「本日記」2004年8月4日に”今日送られてきた「城北古書展」の目録を見る。石神井書林に「銀座百点」の創刊から平成14年までの大揃い577冊が載っている。たぶん国会図書館にも揃っていないだろうし、この雑誌の初出でしか読めない面白い座談会やエッセイがあるから”と買う気満々の様子を語っている。

 つづいて”今年は既に「週刊朝日」二千冊を買ってしまったわけだから、あと五百冊ぐらい増えても・・・ヤバイぞ感覚が麻痺してきたらしい”とある。週刊朝日の件は、”黄金時代の「週刊朝日」の二十五年分のバックナンバーを買ってしまった”で紹介されていたが、そのとき二千冊を購入しさらに五百冊を購入しようとしているのだ。その買い物パワーに驚くとともに羨ましさを感じる。

 ところで銀座百点については、その後の書中日記2006年3月に”「銀座百点」ってけっこう無礼な雑誌だね”という題で、原稿依頼をしてきた編集者へ苦言を呈している。その編集者は銀座百点500冊のことを知っていたのだろうか、いずれにしても不思議な巡り合わせだ。

 なお今回の坪内祐三の日記本は、本の雑誌社から発行された「三茶日記」(2001年)、「本日記」(2006年)、「書中日記」(2011年)、三冊合わせて1997年10月から2010年12月の日記となる。

| | コメント (0)

2020/02/15

坪内祐三の「東京」を読む

 文芸評論家として多くの著作がある坪内祐三は、国内海外の文学だけでなく古書・音楽・歴史など多岐に及ぶ分野で活躍した。「東京」(坪内祐三、太田出版、2008年)は、坪内が暮らし歩き遊んだ東京の街を語る。

Dscf1226-2b

 じつはこの本は、「クイック・ジャパン」2003年11月から2007年6月までの連載に新たに書下ろしを加えたもの、学生時代、雑誌編集者、作家になってから、坪内の1970年代から2000年代、いわゆるちょっと昔の東京の姿が収録されている。このちょっと昔は、歴史として研究するには新しすぎて対象にならず、まだ現役で知っている人がいるのに意外とあいまいなものが多い。特に街の小さな変化などは記録されることが少なく忘れ去れてしまう。

 例えば神保町の章で、坪内は”私が通いはじめた頃の「キッチン南海」は街の普通の洋食屋だった。行列なんて出来ていなかった。それはとんかつの「いもや」もそうだった。(今では「さぼうる」にまで行列が出来ているから驚きだ)”と語っている。まさしくこの通り、かつては空席がないときはすぐに別の店へ向かい、店前に並ぶことはしなかったのだ。もし待つとしたら、店内に空席待ち用のイスが用意されている場合だけだった。これは、興味のない人にはどうでもよいことだが、その時代を知る人なら共感する話だろう。

 それにしても、坪内祐三の新たな文章を読めなくなるのはじつに残念だ。

| | コメント (0)

2020/02/11

これサクラですか?

 これサクラですか?との声がしたので、そちらへ目を向けたら薄紅色の花。河津桜だろうか?

Ptg53255-1b

| | コメント (0)

2020/02/09

レスポールは多重録音の先駆者でもあった

 レス・ポールはギブソン社エレキギターのモデル名として知られるが、それは1950年代に活躍したギタリストの名前に由来する。そのことは本で読んでいたが、彼が録音技術の発展に貢献したことは知らなかった。


 レス・ポールとメアリー・フォードが、どのように彼らのサウンドを創り出したかを紹介する映像がYoutubeにある。前半は面白コントのようだが、3分過ぎから制作過程のデモとなる。二台のテープレコーダーを駆使して、一台で再生しながらもう一台で録音し、それを繰り返すことで一つの作品に仕上げていく様子が分かる。いわゆる多重録音(オーバーダビング)による音作りだ。

 多重録音は映画制作では古くから行われたようだが、レス・ポールは1947年に多重録による音楽レコードを制作している。このときはアセテートディスクを使用する自作録音機材で多重録音を行い、出来上がったレコードはキャピトル・レコードから販売された。テープレコーダーは1935年頃にドイツで発明され、第二次大戦中に使用されたとされている。これがMagnetophoneである。アメリカでも開発されたが、実用機が登場したのは第二次大戦後の1946/47年頃だそうだ。

 1948年、自動車事故でケガをしたレス・ポールの元へビング・クロスビーからテープレコーダーAmpex300型が贈られた。再起したレス・ポールは歌手であり妻でもあったメアリー・フォードとともに1951年に「How High The Moon」をリリースし、これがミリオン・セラーとなった。Youtubeの映像(1953年)は、このヒットをうけてのものだろう。なお「How High The Moon」は、多重録音を12回行っていると言われている。

 さらにレス・ポールは多重録音のためにAmpexに8Track仕様のテープレコーダーを特別注文した。このモデルはAmpex Custom 300-8型として1957年に完成、マルチトラック・テープレコーダーの始まりである。このようにレス・ポールはギターだけでなく、音楽録音に大きな功績のある人だった。

| | コメント (0)

2020/02/05

昼の月

 横断歩道、見上げれば雲一つない空にうっすらと白い月。

Dscf1125-2b

 

| | コメント (0)

«SDKT