« 落語ブームが来たって、ホント?(2) | トップページ | 落語ブームが来たって、ホント?(3) »

2005/06/11

浅草鳥越祭りへ行く

東京で梅雨入り宣言された翌日の6月11日(土曜日)は、朝の予報では小雨だったが、曇り空から時々日差しがもれてきたので浅草鳥越祭りへ向かった。

鳥越神社へ、どのような経路で行くかは、選ぶのが難しい。一般的には都営浅草線の浅草橋駅か蔵前駅からバスか徒歩だが、今回は大江戸線の蔵前駅から徒歩である。鳥越神社前に停まる都バス(秋葉原駅前行き)もあるのだが、これは都心のバスでは珍しいほど本数が少なく、土曜日などは1日5本しかなく、それも朝7~9時に4本その後は午後4時の1本で終わりである。結局、歩くしかないのである。

ようやく着いた鳥越神社は例年どおりの賑わいで、路地は祭り客があふれている。昨年おかず横丁裏で見つけた、みつ豆屋さんも祭り提灯を掲げ営業している。見回せば新しいビルが目立つようになったが、まだまだこの辺りは古い東京が残っていそうである。

なお鳥越祭りは、明日6月12日(日曜日)までである。


Dsc02622


|

« 落語ブームが来たって、ホント?(2) | トップページ | 落語ブームが来たって、ホント?(3) »

コメント

JRだと,浅草橋が近いと思います。蔵前でも,神社に着くまでの町の雰囲気が,祭りを感じさせていいでしょう。

古い東京の感じは,祭りの頃の町の雰囲気に強く残っているように感じます。

神輿の写真をトラックバック先に乗せましたので,見てみてください。

投稿: youchan | 2005/06/12 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/4514630

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草鳥越祭りへ行く:

» 鳥越神社 [浅草で週末を暮らす]
鳥越神社の祭りが行われる6月の上旬の土日,神社周辺では町会の神輿,半纏姿がどこにでも目に付く。町中が祭りの担い手で,見せるというより,自らが楽しんでいる。 浅草橋駅西口から左衛門橋通りを北に進み,蔵前... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 15:57

« 落語ブームが来たって、ホント?(2) | トップページ | 落語ブームが来たって、ホント?(3) »