« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

夏の蕎麦

 蕎麦通によれば、蕎麦は、新そばが出てくる秋の終わりから冬にかけてが最高で、夏の蕎麦は風味(味および香り)が落ちているので、あまりお勧めできないそうである。しかし暑い日が続くと、さっぱりしたものを食べたくなるのが人情で、夏は蕎麦屋に入る機会が多くなる。

 夏の蕎麦となると天せいろなどのタネ物はちょっと重い、しかし「ざる蕎麦」や「もり蕎麦」ではもの足りず、ちょっと食欲を刺激するものが欲しくなる。そんな私が、この時期に好んで食べるのが「ごまだれ」や「ごま汁」と呼ばれる蕎麦である。冷たいゴマダレに、葱、大葉などの薬味を細かく刻んだものを添えて食べる蕎麦は、格別である。さらに最後に残ったゴマダレは、蕎麦湯で割って飲むのである。

DSC02767

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/07/28

落語ブームが来たって、ホント?(4)

前回からちょっと間があいてしまったが、今回はiPodで聞く落語の話をしよう。

かつての名人達の落語を聞こうと思ったら、以前ならテープであったが今はCDである。最近は、DVDなどという選択肢もあるが、やはり主流はまだまだCDである。量販店の落語CDコーナーを見れば分かるが、志ん生、円生などのCDは棚一杯に詰まっており、全集ものなどはCD20枚セットなどになり、その枚数に圧倒される。

ところでCDはコンパクトディスクと言っても、20枚などとなると手軽に持ち運べないし、整理するのも大変である。そこで便利なのが、最新のポータブルオーディオプレーヤである。HD、フラッシュメモリなどを内蔵したオーディオプレーヤは、数十枚のCDの内容を収めることが出来る。なんと言っても、選曲の容易さは圧倒的であり、一度使い始めたら手放せなくなった。写真はシリコンジャケットを付けたiPodであり、最近はもっぱらこれで落語を聞いている。

DSC02764

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »