« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/27

深川二笑亭(意匠日記:谷口吉郎)

 かつて深川門前仲町に「二笑亭」と呼ばれる家があった。二笑亭という名前から寄席や演芸場を想像しそうだが、これは個人住宅であり、その家の主人自ら設計して、各地から銘木や材料を集め、大工を監督しながら建てた家である。ここまでであれば、凝った家造りの話で終わるのだが、この家は様々な人から大きな注目を集めついに本にまで取り上げられた。

 二笑亭については、精神科医であった式場隆三郎によって書かれた本「二笑亭奇譚」が有名である。もともと、この家の主人は、長唄や清元など芸事から茶の湯生け花などをこなす趣味人であったが、関東大震災後の区画整理のため転居しなければならなくなると、世界旅行に行ってしまった。そして帰国後に、深川門前仲町に移り二笑亭の建築を始めた。しかし、奇行があまりに重なり、最後は医者の手を煩わすようになったのである

 谷口吉郎の「意匠日記」(読売新書、昭和29年)には、建築家の目で見た二笑亭の話が載っている。谷口吉郎は、竹橋にある国立近代美術館や日比谷の帝国劇場を設計した建築家であり、式場隆三郎に案内されて訪れた二笑亭の外観と内部の様子を意匠日記の中に書いている。その家は、人の顔のように見える正面外観(現代の造形で言えば、スターウォーズに登場するダースベーダの顔を四角くしたものが思い浮かぶが)、羽目板の節にはガラスがはまり、壁は防虫のため黒砂糖と除虫菊の粉末を練りこみ、畳のへりは鉄板などと、モダンでダイナミックだがバランスが崩れた奇妙な家である。

 谷口が二笑亭を見る目は、どこまでも冷静で、奇妙な意匠の中に機能性や独創性を見出している。しかし、全体を見れば、この家は病的な造形物であると断じている。意匠日記のはしがきにあるように、谷口が目指したものは「清らかな意匠」である。二笑亭が早々に主を失い消えていったことと、ちょうど同じ時期、震災後の深川に建てられた食料ビルが、モダニズムデザインの代表として長く親しまれたことを対比すると、谷口が提唱した「清らかな意匠」という言葉に共感を覚える。

今は無き食料ビル(現在は新しいマンションが建っています)

syokuryo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

せいろ一枚百円

 食べ物の値段ほど、時代変化を知る尺度として分かり易いものはない。さすがに米一俵の値段を問われても答えられる人は少ないかもしれないが、蕎麦やラーメンの値段なら大体の人が何らかの答えを持っている。

 先日、本棚を整理したら「東京いい店うまい店」文芸春秋編昭和42(1967)年ができきた。今も発行され続けているこの本は、味、値段、サービスの星印評価に加えて、各店の短い紹介文と主なメニューの値段が載っている。巻頭にある地図を見ると、神田淡路町付近であんこうの「いせ源」、鳥なべの「ぼたん」に並んで蕎麦の「藪」などの名前が見える。これら今も営業を続けている名店の代表として藪を選び、値段の変化を確認してみた。

最初に昭和42年(38年前)の藪そばの値段表をみてみよう。

せいろそば ¥100
天ぷらそば ¥220
鴨南ばん  ¥220

現代の感覚では、藪のせいろそば一杯100円とは随分安い感じがするが、実は当時はこれでも他の店より高かったのである。たとえば同書によれば、砂場のもりは90円、並木のもりは60円とある。

次に現在の藪そばの値段を見てみよう(ぐるナビ東京を参照)。

せいろそば ¥630
天ぷらそば ¥1575
鴨南ばん  ¥1575

30円や75円は5%消費税分だから、100=>600円、220=>1500円、すなわち約6~7倍が38年間のソバの本体値段変化である。これが大きいのか小さいのか、ちょっと判断に苦しむが、最近のソバが高くなったと思う人に以下の文を紹介しよう。

”このごろのソバは値段も高くなった。しかし他のものにくらべれば安いもので、安くて大衆に喜ばれるものを商いする冥利を感ずべきだ”。

どうですか、最近のソバの値段をよくあらわしているように思いませんか。実は、これは昭和42年版「東京いい店うまい店」のソバの部に載っているの一文なのです。私も、「昔はもっと安かった」などとつい口に出してしまうので、これからはくれぐれも気をつけようと思ったやさき、再び同書を開いたら”それにしても、せいろ一枚百円とは安い!”と思わずうなってしまいました。あなたも同じこと言ってませんか?

DCP_0788


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

水辺の男、10年ぶりの出会い(柴田恭兵、三木のり平、西村晃、石田えり)

 水辺の男は、村松友視の小説「芝居せんべい」を原作とした1995年にNHKから放映されたテレビドラマである。主演は柴田恭兵、脇役陣は三木のり平、西村晃、水の江滝子、長塚京三、阿木耀子、石田えり、片桐はいり、小木茂光など個性的な俳優の大集合である。ドラマ全編に流れるテーマ音楽は、ファンホセ・モサリーニによるアルゼンチンタンゴ、原作と同じ深川門前仲町裏の大横川に架かる石島橋でのロケなど。今振り返ると、俳優、音楽、シナリオ、ロケの全てが凝りに凝った作品である。

 なかでも柴田恭兵扮する主人公(元さん)にからむ三木のり平(清さん)・西村晃(六さん)のコンビは、粋な日本の年寄りを見事に演じている。面と向かって言葉で言わないが互いへの優しさは、長い年月を経た二人の関係と人柄をうまく表していた。なんと言っても、三木のり平がときどき見せる歌舞伎のしぐさをする顔が、役にぴったりはまりとても良かった。主人公を含めてこれら登場人物は、皆よそから深川に来たらしいのだが、それらを温かく迎えるのが、石島橋際にある小料理屋茜屋の主人夫婦を演じる長塚京三と阿木耀子である。そして、元さんの奥さん役石田えりの温かい表情も良い。

 ところで何故10年も前のドラマのことを書いたかと言えば、先日の神田古本市で村松友視の芝居せんべいを見つけたからである。ドラマ放映時に気になり近所の本屋で探したが見つからず、そのうち文庫になったら買おうと思っていたが、たまたま通りかかった道路沿いの古書販売スペースに置かれた格安本箱の中に、立てかけられていた。まさしく10年ぶりの出会いである。

 早速購入し読んでみると、テレビドラマは原作にほぼ沿っており、石島橋付近の描写は完璧に一致している。しかし主人公の住むアパートは異なり、原作は石島橋近くのマンションだが、テレビドラマでは古石場の古いアパートである。ドラマの中で何度も登場する古石場親水公園の景色も原作にはない。読み通してみると、ドラマ水辺の男は原作をもとにしているが、それを超えて深川の風景をうまく取り込み構成した素晴らしい作品であることを再確認した。実は、当時深川のオフィスに勤務していた私は、このドラマロケに偶然遭遇し柴田恭兵さんを間近に見たことがあった。そのことが影響しているのかもしれないが、私にとって、このテレビドラマは原作本よりはるかに思い入れが深い作品である。

 最後に今は取り壊され高層マンションになってしまった、主人公が住んでいた古石場アパートの写真を紹介しよう。写真右側及び正面に見える3階建てアパートは、敷地内に銭湯があった不思議な建物であった。またドラマ撮影時に工事現場として写っていた場所に建ったのが、正面奥に見えるマンションである。

DSC035533B

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »