« 芭蕉の花 | トップページ | せいろ一枚百円 »

2005/11/06

水辺の男、10年ぶりの出会い(柴田恭兵、三木のり平、西村晃、石田えり)

 水辺の男は、村松友視の小説「芝居せんべい」を原作とした1995年にNHKから放映されたテレビドラマである。主演は柴田恭兵、脇役陣は三木のり平、西村晃、水の江滝子、長塚京三、阿木耀子、石田えり、片桐はいり、小木茂光など個性的な俳優の大集合である。ドラマ全編に流れるテーマ音楽は、ファンホセ・モサリーニによるアルゼンチンタンゴ、原作と同じ深川門前仲町裏の大横川に架かる石島橋でのロケなど。今振り返ると、俳優、音楽、シナリオ、ロケの全てが凝りに凝った作品である。

 なかでも柴田恭兵扮する主人公(元さん)にからむ三木のり平(清さん)・西村晃(六さん)のコンビは、粋な日本の年寄りを見事に演じている。面と向かって言葉で言わないが互いへの優しさは、長い年月を経た二人の関係と人柄をうまく表していた。なんと言っても、三木のり平がときどき見せる歌舞伎のしぐさをする顔が、役にぴったりはまりとても良かった。主人公を含めてこれら登場人物は、皆よそから深川に来たらしいのだが、それらを温かく迎えるのが、石島橋際にある小料理屋茜屋の主人夫婦を演じる長塚京三と阿木耀子である。そして、元さんの奥さん役石田えりの温かい表情も良い。

 ところで何故10年も前のドラマのことを書いたかと言えば、先日の神田古本市で村松友視の芝居せんべいを見つけたからである。ドラマ放映時に気になり近所の本屋で探したが見つからず、そのうち文庫になったら買おうと思っていたが、たまたま通りかかった道路沿いの古書販売スペースに置かれた格安本箱の中に、立てかけられていた。まさしく10年ぶりの出会いである。

 早速購入し読んでみると、テレビドラマは原作にほぼ沿っており、石島橋付近の描写は完璧に一致している。しかし主人公の住むアパートは異なり、原作は石島橋近くのマンションだが、テレビドラマでは古石場の古いアパートである。ドラマの中で何度も登場する古石場親水公園の景色も原作にはない。読み通してみると、ドラマ水辺の男は原作をもとにしているが、それを超えて深川の風景をうまく取り込み構成した素晴らしい作品であることを再確認した。実は、当時深川のオフィスに勤務していた私は、このドラマロケに偶然遭遇し柴田恭兵さんを間近に見たことがあった。そのことが影響しているのかもしれないが、私にとって、このテレビドラマは原作本よりはるかに思い入れが深い作品である。

 最後に今は取り壊され高層マンションになってしまった、主人公が住んでいた古石場アパートの写真を紹介しよう。写真右側及び正面に見える3階建てアパートは、敷地内に銭湯があった不思議な建物であった。またドラマ撮影時に工事現場として写っていた場所に建ったのが、正面奥に見えるマンションである。

DSC035533B

|

« 芭蕉の花 | トップページ | せいろ一枚百円 »

コメント

突然 お邪魔します、すいません。
質問があるのです。

このドラマの景色の中に
川の上を十字路のように交差する橋が
出てきたと思うのですが あれはどこなのでしょうか。
 
東京にはなじみのない生活をしておりますので
有名なところなのかさえ知らないのですが
十年来の私のもやもやにぜひ終止符を
お願いします。

投稿: うまり | 2008/05/09 20:43

うまりさん、こんばんは、
あの十字に見える橋は、「小名木川クローバー橋」です。この橋は、以下の江東区ページに掲載されていますが、Google地図で見るとその様子がよく分かります。clover

江東区の観光案内:http://www.city.koto.lg.jp/profile/kanko/5442/98.html
江東区の橋案内:
http://www.city.koto.lg.jp/sisetsu/3324.html

投稿: じんた堂 | 2008/05/09 21:40

おはようございます 確認しました すっきりしました
ありがとうございます。
 
東京へ行けるなら芝居せんべいの景色をたどってみよう
って気になりました。
実はまだ本を読んでいませんが それも今から楽しみです。

別項の深川散歩もすてきです 
鬼平犯科帳のエンディングみたいにスモーキーな色に見えて。

  

投稿: うまり | 2008/05/10 09:01

うまりさん、こんばんは、
お役に立ったようで、よかったです。

「水辺の男」に登場しました建物は、すっかり様変わりしてしまいましたが、川をとりまく景色だけはいまも変わらないようです。もし東京に来る機会がありましたら、深川へもお立ち寄り下さい。

なお東京駅からでしたら、錦糸町行きのバスに乗りますと永代橋を渡るとき隅田川や佃島などが見え、ちょっとした観光気分になります。地下鉄より多少時間がかかりますが、おすすめのアクセスルートです。

これからも東京クリップ・深川散歩をよろしくお願いします。clover

投稿: じんた堂 | 2008/05/10 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/6932204

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の男、10年ぶりの出会い(柴田恭兵、三木のり平、西村晃、石田えり):

« 芭蕉の花 | トップページ | せいろ一枚百円 »