« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/27

古書との出会い:東京の旅(松本清張・樋口清之)

 ちょっと古くなった実用書は、古書店でも新古本屋さんでも安く売られていることが多いようです。この”ちょっと古い”という期間は、その本の分野によって相当大きな幅がありそうですが。たとえば、園芸関係の実用書は10年前のものでも役に立ちます。しかし旅行ガイドとなると、10年もたつと名所・旧跡案内は使えるが、宿泊、交通、お店などの情報は、ほとんど役立ちません。まして東京のガイドブックになると、1年もたてば掲載されていたお店が無くなったりするのはザラですから、たちまちゴミとして捨てられてしまいます。

 まえおきが長くなりましたが、光文社から昭和41年発行された「東京の旅」は、一見よくある新書版のガイドブックのように見えますが、なかなか読み応えのある東京紀行本です。なにしろ著者は、松本清張と樋口清之さんの二人ですから歴史紀行の記述は超一流です。巻頭にある「著者のことば」に、松本清張さんが、この本にこめたおもいの言葉がありますので少し紹介しましよう。

 「旅行ガイドブック類を見て感じるのは、それがたんにコースの手引きに終わっていることである。」「たとえば、、、、そこに別の旅行者がきて、かんたんにざっと眺めただけで立ち去ったしようか。ああ、もったいない、もう少しご覧になったらいかがですか、と思わずひきとめて話してあげたくなる。これは案内するというのではなく、、、自分の感動を人に伝え、いっしょに見ていた旅人の仲間意識からである」。

 このように作られた「東京の旅」は、読み物としても十分な内容をもっています。

 たとえば深川の章では「俳聖が表看板の忍者か-芭蕉」のタイトルのもと、芭蕉の行動力と生い立ちをからめて芭蕉忍者説を紹介しています。芭蕉忍者説は、雑誌の芭蕉特集などのすみにこぼれ話のように書かれているのをよく見かけますので、ご存知の人も多いでしょう。東京の旅では、芭蕉が費やした莫大な旅費、健脚としても少し早足すぎる旅の行程(一日で十数里歩くことになる)の疑問、出身地が忍者で知られる伊賀であることから、芭蕉が忍者の技を持っていたとの仮説を組み立ていきます。その文章は、まるで歴史推理小説のようで読む人をひきつけます。

 感動を伝えるのはなかなか難しいことです、押し付けになるとうるさいし、足りなければ伝わりません。名文家と呼ばれる方の文章は、そのあたりのサジ加減がうまいのでしょう。

TokyoNoTabi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/20

古書との出会い:東京の三十年(田山花袋)

 本は本を呼ぶのでしょうか、先日、森本哲郎さんの”懐かしい「東京」を歩く”を読み返し、そのまえがきで紹介されていた田山花袋の「東京の三十年」に興味を持ったばかりですが、その本と古書市で出会いました。カバーが無くて大分変色しているためか、200円で格安本棚に並んでいたのは、創元社選書の一つとして昭和22年に再刊された本です。まさしく森本さんが、”気持ちをこの上なくかき立ててくれた書物”と言われたものと同じものです。

 巻末にある正宗白鳥のあとがきに(正宗白鳥が書いたのもすごいが)、「東京の三十年」は大正六年に発行されたとあるように、この本で描かれた東京は明治前半から大正半ばです。十歳で館林から上京して京橋にあった本屋の小僧になり、本を背負ってお高輪や駒場の得意さんを回った話からはじまり、深川高橋にいた伯母のこと、その後の文壇の様子などが綴られます。古い本なので旧字体の活字が多いのですが、文章は口語体で分かりやすく、今も全く違和感がないのは、さすが自然主義の確立者といわれた田山花袋です。

 田山花袋の「東京の三十年」は、震災以前の東京の様子を知るには格好の本です。念のため坂崎重盛さんの「東京本遊覧記」をみたら、”東京の景観史を考えるときにははずせない必読の一冊である”とありました。さすが坂崎さんです。

 「東京の三十年」田山花袋は岩波文庫で入手可能です、講談社文庫版もありましたが現在は在庫無しのようです。

Tokyo30nen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

古書の世界

 神田駿河台にある明治大学は、本の街神保町に接しており、本について学ぶには絶好の場所にある。なにしろ数分も歩けば、三省堂、書泉、東京堂などの大型新刊書店があり、さらに数え切れないほど古書店(神田古書店名簿に載っているだけでも161軒)に囲まれている。その明治大学の公開講座リストに「古書の世界」があり、今回で通算第6回目となる秋の講座に参加したのでその話をしよう。

 講座は大学内の見晴らしのよい明るい教室で行われ、講師は、古本関係の本や新刊書の書評を数多く書いている方が担当している。ゲスト陣も、古書店ガイドのライター、ベテランの古書店主でかつ古書雑誌編集人、女性古書店主などと、実際の古書業界に深く携わっている方々である。さすがに講師は、古本道場師範と呼ばれるだけあって、古書に対する知識は幅広く深く、購入する古書の数も半端でなく年間2000冊を超える、そのパワーに圧倒される。集まった受講生は、学生風の方からリタイヤ後の人生を楽しんでいるような方まで年齢が幅広く、女性も多く和やかな雰囲気である。実は、講座が進み分かったのだが、古書界への女性進出はめざましい。

 さて講義内容だが、古書店主をゲストに迎えての実戦的な話もあるが、全体を通じて印象に残ったのは、古書との出会いをいかに楽しむかである。1冊100円の均一価格で店頭に並ぶ古本も、見方を変えると思わぬ魅力が浮かび上がってくる。著者の名前は知らなくても、装丁者名に好きな画家やデザイナーの若き日の名を見つけたりすると、それだけでその本を手元に置きたくなるし。お祖父さんやお祖母さんが読んでいた頃の雑誌も、現代ではとても信じられないような記事や付録があって楽しませてくれる。例えば、巻末に付いていた芸能人の住所録などは、現代では、まずありえないものになったが、昔よくあった「弟子になるために地方から上京して師匠の家の前で座り込んだ」などの芸能人苦労話などは、この住所録なしでは成立しない話だったろう。

 講義最終日は、受講生が買ってきた古書の発表会であったが、事前の説明不足のため本を持ってこられなかった人がいたので、急遽、通りの反対側にある古書会館で開かれている古書市に行き、購入することになった。こんな予定外のことがすぐ出来るのも、神田駿河台ならではある。予算は1000円、時間は30分に制限された買い物は、子供の頃テレビで見た「夢路いとし・喜味こいしのがっちり買いましょう」を思い出し、楽しい実習となった。教室に戻り参加者全員がそれぞれの本を発表したのだが、これが十人十色である。有名人のサイン入り本にはじまり、古い写真帖、純文学本、随筆、歴史、絵本、グラフ雑誌、実用書、美術書、なぜか若い女性が仏像ガイドの本を買ってきたりして、楽しいエンディングとなった。

 教室からニコライ堂方向を見る

DSC03538

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »