« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/25

古書との出会い:東京文学地図(槌田満文)

 前回の高木健夫さんの「東京の顔」ですでに述べましたが、槌田満文の名は、高木健夫さんや安藤鶴夫さんと一緒に、木村荘八さんの銀座界隈に書誌担当者として登場しました。今回は、この槌田満文さんの本「東京文学地図:槌田満文、都市出版社、昭和46年発行」を紹介しましょう。

 表紙折り返しに記されている著者略歴によれば、槌田さんは東京新聞に勤務し「名作365日」や「明治東京歳時記」などの本を刊行しました。その後、武蔵野女子大学教授となり、東京都近代文学博物館の運営にもかかわりました。日本の古本屋で槌田さんの著書を検索すると、東京文学地名辞典、明治大正風俗辞典、ことばの風物誌などがみつかります。

 東京文学地図は、そのまえがきにあるように”文学に描かれた東京によって、東京風景の変遷をたどる”ことを目指しています。

 たとえば銀座では、「新東京繁昌記:服部誠一、明治7年発行」の一部を引用することで明治7年の銀座の様子を描き、「桜の実の熟する時:島崎藤村、大正8年」の引用で明治23年の銀座を描き、同じように銀座を舞台とした明治・大正の文学作品を紹介しています。さらに昭和になると「銀座雑記帖:高田保」昭和8年、「銀座新涼:森田たま」昭和14年、「東京誕生記:ノエル・ヌエット」昭和30年、「感傷チンチン電車:安藤鶴夫」昭和42年などが原作の一部引用とともに紹介されています。

 全部で東京32ヶ所を選び、銀座と同じような手法で、その場所を描いた文学作品を年代に追って紹介しています。そのため外観は新書のようですが、400ページを超えるやや厚みのある本となっています。
  
 ところで、まえがきにも述べられていますが、”引用が原作のほんの一部にすぎない・・”とあるように、この本だけで選ばれたそれぞれの作品の内容を十分に知ることは、まず出来そうもありません。むしろ、この本は東京の各地を描いた文学作品を検索するための、”地名をインデックスとした文学作品の年代順ガイドブック”として使用するのが良いようです。

 たとえば深川・州崎のページを開くと、深川に関する部分では「深川の唄:永井荷風」、「秘密:谷崎潤一郎」、「三尺角:泉鏡花」、「忍川:三浦哲郎」、州崎では「浅瀬の波:広津柳浪」、「夢の女:永井荷風」、「州崎パラダイス:芝木好子」などの作品名がみつかります。

Tokyo_Bungaku_Chizu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

古書との出会い:東京の顔、いろは大王 (高木健夫)

 前回の木村荘八「銀座界隈」のなかの銀座論の著者として高木健夫の名前が出てきましたが、今回は「東京の顔:高木健夫、光書房、昭和34年」を紹介しましょう。

 高木健夫さんは、読売新聞に勤めながら、安藤鶴夫さん、槌田満文さんなどと一緒に木村荘八さんの東京風俗研究活動に参加しました。「東京の顔」は、昭和33年に亡くなられた木村荘八さんへ捧げられた本で、東京の顔、風俗八十年、今昔散歩、盛り場八十年、東京巷史など、明治から昭和の東京にまつわる話を収録しています。その中には、前回取り上げた木村荘八「銀座界隈」で発表された文章も入っています。

 たとえば東京巷話に収録されている銀座物語は、銀座煉瓦街を作った東京府知事由利公正の話ですが、これは前回紹介した木村荘八「銀座界隈」に収められていた銀座論と同じ内容です。

 同じ東京巷話にある「いろは大王」は、木村荘八の父にして市議会議員、府会議員、牛なべ屋チエーン店「いろは」の主人、そして明治の大奇人と言われた木村荘平の伝記です。この「いろは大王」こと木村荘平は、小説にも登場しますので簡単に紹介しましょう。

 相撲取りのような大きな体であった木村荘平は、夕闇せまる東京の町を人力車で走り回るのを日課にしていました。多い場合でも二人引きまでであった当時、荘平が乗る人力車は三人引き、車夫はそろいのハッピに金色の徽章をつけた学生帽をかぶり、彼らが引く人力車は車体全体が真っ赤に塗られていました。

  ちょうど同じ時期の東京には、天狗タバコの岩谷松平が全身赤い服を着て、真っ赤に塗られた馬車に乗っていました。明治の奇人二人が、同じように赤をを好んだのは不思議な共通点ですが、岩谷松平の話は別の機会として、ここでは木村荘平の話を続けましょう。

 江戸から明治になり東京では肉の需要が高まってきましたが、まだ食肉処理の実態はあやしい状況でした。それに困ったのが、西郷隆盛の幕僚から東京警視庁長官になった川路利良です。川路は、彼が京都薩摩屋敷にいたころ出会った木村荘平に、東京の食肉処理を依頼することにしました。

 明治十一年、木村荘平は、京都から東京に移り食肉処理を引き受けるとともに、自らも牛なべ屋「いろは」を開きました。この「いろは」は、「第一いろは」、「第二いろは」など番号つきの屋号が付けられ、今のチエーン店のように店舗を、日本橋、京橋、本郷、麻布、青山南、牛込寺町、四谷伝馬町、浅草などに二十軒開きました。

 荘平は、各店に女主人をおき、自らは売上金回収のために真っ赤な人力車にのり各店をめぐるのを日課しました。彼と各女主人とのあいだに子供がうまれ、養子を含めた彼の子供は合計三十人に達しました。子だくさんの荘平は、長男は荘蔵、長女は栄子、次男は荘太としましたが、やがて荘五、荘六、荘七など、荘と数字を組み合わせた名前を付けました。のちに画家になり銀座界隈や東京繁昌記を書いた木村荘八は、荘平の六男で日本橋区吉川町にあった第八いろはの子供でした。

 新事業に熱心だった荘平は、牛なべ屋チェーン店に加えて明治21年に製糖会社、明治23年に肥料会社を設立しました。さらに明治26年に、日暮里、亀戸、萩新田にあった三つの火葬場を合併して東京博善会社を設立し、日暮里に新式火葬設備をおきました。当時は新式火葬場と名乗りましたが、これは現在に通じる煉瓦釜のものです。荘平の作った火葬場には、並等、特等などのランクがありましたが、特等はあまりに高価だったので利用者がなく、最初の特等客となったは明治39年に亡くなった荘平自身でした。

 このような経歴の持ち主であった木村荘平は、幾つかの本に小説のモデルとして登場しています。

 山田風太郎明治小説全集の「いろは大王の火葬場」は、木村荘平の新式火葬場の客集めの苦労話をモデルにしたものです。さらに小沢信男「悲願千人斬りの女」にある「いろは大王」も、子だくさんであった木村荘平をモデルにしています。

 「東京の顔」は、東京本としてあまり話題に上がりませんが、木村荘八を含めた東京に関わる話題を満載しています。さらに銀座煉瓦街を作った東京府知事:由利公正、いろは大王の木村荘平の話に加えて、明治の日本橋架橋など、明治東京小説の元ネタになりそうな話も入っています。挿絵は、新聞掲載からの転載なのであまり鮮明ではありませんが、伊藤深水、小糸源太郎、奥村土牛、東山魁夷、朝倉摂などによるものです。そして本の外箱は、木村荘八の筆によるスケッチ画が使用されています。

東京の顔(外箱)
Tokyo_no_Kao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

古書との出会い番外編:銀座界隈(木村荘八)

 前回紹介した「銀座ばやし:永井保」のあとがきに、この本を書くために木村荘八「銀座界隈」を参考にしたとありましたが。今回は、この木村荘八さんの「銀座界隈:東峰書房、昭和29年」の話をしましょう。
 
 本題に入る前に、いままで「古書との出会いで」紹介してきた本を振り返ると、いづれもカバーが無かったり、シミや日焼けがヒドイなどの理由で、店の外にある均一本コーナーや古書市など見つけた格安の昭和東京本でした。

 今回紹介する「銀座界隈:木村荘八」は、外箱つき別冊アルバムつきの美品であれば店内のガラスケースなどに飾られる高価な豪華本で、多少の難があっても均一本コーナーなどにはまず並びそうもない本です。私もまだ「銀座界隈」は持っていません。しかし、先日この「銀座界隈」を閲覧する機会がありましたので、今回は「古書との出会い番外編」として紹介します。

 著者の木村荘八さんは本職は画家ですが、永井荷風の墨東奇談の挿絵を描くとともに、自らも東京繁昌記、現代風俗帖、そしてここで取り上げる銀座界隈などの東京に関する紀行文を数多く書きました。

 「銀座界隈」は5章から構成されており、以下の方々がそれぞれの章を担当しています。

1.銀座論(高木健夫):東京府知事由利公正を主人公にした銀座煉瓦街計画

2.銀座煉瓦(木村荘八):江戸明治から昭和にかけての銀座の歴史

3.銀座今昔(安藤鶴夫):銀座にゆかりのある人々によるエッセイ集

4.銀座現勢図(小高志郎):昭和28年11月現在の裏通りを含む銀座の地図

5.銀座書誌(槌田満文):銀座関係の文献リスト

 別冊アルバムは、銀座の表通り1丁目から8丁目までのパノラマ写真集です

 現物をみると、永井保さんが銀座界隈を参考にした理由が分かる気がします。1)詳細な歴史と風俗の記述、2)多彩な地元関係者の話、3)豊富な挿絵や図版、4)精密な現勢図など、その後の東京本の定番構成要素が全て含まれています。しかも、それぞれの質が驚くほど高いのです。

 木村荘八は文章家としても有名でしたが、銀座界隈の装丁は画家としての木村荘八の力とこだわりが十分に発揮されています。たとえば巻頭錦絵は、四代広重作の本物の木版画が使用されており、発行後50年を過ぎた現在でも見事な色を保っています。また文章には数多くの図版が挿入されています。現勢図は、銀座の細い路地奥にある店の名前まで調べ上げて記載しています。別冊アルバムのパノラマ写真は、大通り両側が一目で分かるようにレイアウトされています。これほど丁寧な仕事は現代ではあまり見られません。

 「銀座界隈」は、なかなか現物に出会うことが難しい本ですが、もし機会がありましたら一度ご覧になることをおすすめします。なお「銀座界隈」の銀座煉瓦の章は、東京繁昌記と一緒に、ちくま文庫より出ている「東京風俗帖:木村荘八」に収録されています。木村荘八と昭和東京本に興味のある方には、この文庫本をおすすめします。

銀座界隈に入っている錦絵(四代広重作)
DSC04160

銀座現勢図の一部(三越・松屋付近とその裏の路地の店々)
DSC04168

別冊アルバム(銀座4丁目交差点付近、上側は三越、下側は和光)
DSC04152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

古書との出会い:銀座ばやし(永井保)

 前々回紹介した「たべあるき東京横浜鎌倉地図(山本嘉次郎)」の表紙にイラスト永井保さんの名前がありましたが、今回は、この永井保さんの「銀座ばやし:オリオン出版、昭和44年」を紹介しましょう。

 永井保さんは、清水昆(かっぱ天国)や岡部冬彦(アッちゃん)さんと同時代の漫画家・画家ですが、絵本や随筆の著者としても活躍されました。「銀座ばやし」は、今も発行されている小冊子銀座百点に、昭和42年から2年間にわたり連載された記事と挿絵をまとめたものです。

 「銀座ばやし」は、永井さん自身の戦前からの銀座の思い出話に加えて、昭和42年当時の銀座の様子とそこで仕事をされていた人々の話が数多く登場します。いずれの人も驚くような経歴をもっており、興味ふかい話が満載されています。

 たとえば「白魚橋」の章は、大正終わりごろの屋台の思い出話からはじまり、昭和42年当時の銀座の屋台事情が述べられています。

 大正の終わりごろは、毎日のように車を引いた屋台がやってきたそうです。

 ドンドンドンと太鼓を鳴らし子供たちを集めて焼ソバ・エビ天やアンコ巻きを食べさせたドンドン焼き、「きんちゃーん、あまいよ」との呼び声で煮あずきを売っていたキンチャン豆、しん粉細工、電気アメと呼ばれていたワタアメやカノコ餅などがありました。

 それが昭和42年になると、銀座の屋台は、営業時間後の銀行の軒先近くにとまり大人相手の商売にかわり、タコ焼き、焼ソバ、きぬかつぎ、焼大福、石焼きいもなどを商うようになっていました。そして今でも(昭和42年当時)車を引いて売り歩くのは、石焼いもぐらいだろうと、銀座で十数年商いをしている石焼いも屋台の一日を、紹介しています。

 その当時、銀座で焼き芋やをしていたのは6人、8丁目あたりの女性の購入額はだいたい一人200円ぐらいだったそうです。

 「クツがなる」の章は、銀座で20年以上靴みがきをされていた人の話です。

 息子さん達は、すでに自動車会社に勤めたり航空会社パイロットになっているが、それでもなおクツみがきを続けていた人が登場します。銀座という場所がらお客には経済人もいて、重役さんの息子を含めて数組の縁談をとりまとめるなど、多くのの人から頼られたこの方の人生は、世界史を見るようです。

 家出して上海からシンガポールに渡り動物園で働き、その後南アフリカの羊毛会社へ移りスペインへ羊毛買い付けにいきスペイン動乱に巻き込まれ、第二次大戦が始まると日本へ向かうイタリア船に乗りながら途中のハノイで下船し、戦後ようやく日本へ帰国した経歴の持ち主です。

 「銀座ばやし」には、興味深い読み物がたくさん並んでいますが、画家としての永井さんならではのページが巻末にある八丁咄です。これは、昭和43年12月末の銀座通り1丁目から8丁目までの、大通りから見た建物のスケッチ集です。それぞれの場所には大正10年、昭和5年、昭和17年、昭和43年当時にあったお店の名前が書いてあり、銀座大通の移り変わりが一目でわかります。

 私自身もこのスケッチで、学校に入る前に見かけた銀座2丁目にあった変わった建物がクインビーであったことを知りました。また戦前に銀座を歩いたことがある母は、かつて本を買った三昧堂書店の場所をこのスケッチで確かめることができました。

 このように「銀座ばやし」は、昭和40年代の銀座の人々や街の様子を詳しく描いており、昭和東京の資料として役立つとともに、読んでも見るだけでも楽しめる本です。もし見つけましたら是非ご覧になることをおすすめします。これは昭和東京本として復刊を熱望する本です。

Ginza_bayashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »