« 一箱古本市への道:短くも楽しい一日 | トップページ | 人形町交差点、不思議な飾りのある建物 »

2006/05/02

深川船番所の猫

 このところ古書の話が続き、すっかり古書ブログのようになっていますが、もともとブログ:東京クリップは、深川散歩にある東京クリップのブログ版としてスタートしました。今回は、久しぶりに深川の話をしましょう。

 路地の主役といえば猫です。わがもの顔に通りに寝そべり、顔見知りに会えば軽くあいさつをし、見知らぬものに鋭い視線を投げかけ人物あらためをし、疑いなしとなれば通ってよし「ニャー」とは、さしずめ路地の木戸番でしょうか。

 多くの川に囲まれた深川には大小の橋がたくさんあり、小名木川が隅田川に接する万年橋のたもとには、かつて船番所が置かれ、出入りする船を調べていました。もうだいぶ前ですが、深川の小さな橋のたもとを通ったら、「見かけぬやつ、何処の誰だ」と人物あらためをする猫たちに出会いました。自転車カゴに乗り出してきたのが岡っ引きなら、後ろの植木鉢にひかえているのは同心でしょうか。

 見かけぬやつ、何処の誰だ?

Nittabashi_neko_1a

 どうした、騒がしいぞ!

Nittabashi_neko_2a

|

« 一箱古本市への道:短くも楽しい一日 | トップページ | 人形町交差点、不思議な飾りのある建物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/9868793

この記事へのトラックバック一覧です: 深川船番所の猫:

« 一箱古本市への道:短くも楽しい一日 | トップページ | 人形町交差点、不思議な飾りのある建物 »