« いまふたたび伊丹十三(2) | トップページ | 神保町で映画と演芸 »

2006/06/05

地下室の古書展

 日曜日の午後、わずか30分だったが、神田の古書会館で行われている「地下室の古書展Vol7」をのぞいてみた。ゆったりしたスペースで展示が行われ、新刊本や布で作られたきれいなブックカバーもある。いつもの古書展よりぐ~んとオシャレ度が高く、やはりアンダーグラウンド・ブックカフェとカタカナと呼びたくなる。来場者の中には、一箱古本市で見かけた方が何人かいたが、あいにく時間がなく挨拶もできず早々に会場をあとにした。夜7:00から岡崎武志さんと黒岩比佐子さんのトークショーがあったのだが、別の予定が入っていたので参加できず、とても残念!

 なお、このイベントは6月6日(火)まで行われ、5日(月)のトークショーは小沢信男・坂崎重盛・石田千、6日(火)は紀田順一郎・東雅夫・新保博久・本多正一が予定されている。詳しくは、地下室の古書展を参照。

|

« いまふたたび伊丹十三(2) | トップページ | 神保町で映画と演芸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/10399821

この記事へのトラックバック一覧です: 地下室の古書展:

« いまふたたび伊丹十三(2) | トップページ | 神保町で映画と演芸 »