« 古書との出会い:石版東京図絵(永井龍男) | トップページ | 旬の感覚 »

2006/06/27

南海.vs.VAN

 今日も、読みかけの山本容朗の「文人には食あり」を持って外出。「食の憂楽帖、北杜夫」の章で、マンボウシリーズの「マンボウ周遊券」のカレーライスの話を読む。マンボウシリーズは、学生時代にずいぶん読んだので懐かしい。

 山本さんは、”北さんは神田・神保町の田村書店の裏通りにあるカレー専門店をいいとほめる。・・・これを読んで”あっ”と、私は声をあげた。この店は「キッチン南海」ではないだろうか”と書いている。

 私の思い出の裏通りカレー専門店は、これも田村書店の裏通りだが、小宮山書店と文省堂の間の路地にあったVANカレーだ。VANカレーはいつのまにか消えてしまったが、私のなかではカレーといえばVANカレーで、カツカレーのときだけキッチン南海だった。

 こんなことを書いていたらカレーが食べたくなった。まずは表通りのカレー専門店の共栄堂かな、ここのサラッとしたカレー、学生時代はどこか物足りなく感じていたが、最近はこのスッキリした味が好きになってきた。

|

« 古書との出会い:石版東京図絵(永井龍男) | トップページ | 旬の感覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/10704085

この記事へのトラックバック一覧です: 南海.vs.VAN:

« 古書との出会い:石版東京図絵(永井龍男) | トップページ | 旬の感覚 »