« マレーシア・ペナンで月を仰ぐ(2) | トップページ | アクティブな古書仲間 »

2006/08/21

みんなの寅さん

 出張もおわり、ようやく通常の生活に戻り始めたとたん仕事のメールがどっと来た。例によって、細かい指示やコメントをたくさん頂いたが、出来る範囲でコツコツと処理することにしよう。

Tdsc00241 さて今週の通勤本は、「みんなの寅さん」(佐藤忠男、朝日文庫)だ。いまさら寅さんと思うかもしれないが、いまだから寅さんを読んでみようという気分なのだ。寅さんをマンネリとして軽くみる人がいるが、長く続くものには、それなりのパワーがあるように最近思い始めている。たとえ結末は分かっていても、その確立された様式のもつ安心感にひかれて、どうしても見てしまう水戸黄門のように、寅さんの映画はひとつの様式を確立したように思う。

 それは現実の世界からちょっと離れているが、昔はいたよねとか、こんな人がいたらいいな、という感情を呼ぶようだ。こういう気持ちは、たんなる数字や法則では推し量ることはできず、普通の仕事であれば切り捨ててしまうものだ。しかし、このような気持ちにうったえるものが、本当は大事なような気がする。

|

« マレーシア・ペナンで月を仰ぐ(2) | トップページ | アクティブな古書仲間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/11548923

この記事へのトラックバック一覧です: みんなの寅さん:

« マレーシア・ペナンで月を仰ぐ(2) | トップページ | アクティブな古書仲間 »