« FINE | トップページ | 祭りの風景PART2 »

2006/09/15

OneDay(武田花)

 武田花さんの名前を知ったのは、川本三郎さんの「私の東京町歩き」の表紙にあった「写真・武田花」という文字からだ。静かな路地にたたずむ猫をとらえた写真は、猫はそれほど大きくないというか、どちらかというと小さめだが、風景のなかで絶妙な大きさで写っている。古い木造家屋が建つ路地、川面を行く船、どれも静かな風景がとても心に残り、いつか武田花さんの写真集を見たいと思った。

 OneDayは、写真家:武田花さんのフォトエッセイ、手元にある本は、新刊発売時(1997年)に国立の増田書店で購入したはずだ。塗装の剥げた看板にドアが破れた家、錆びて判読不能な交通標識、壊れたハート型の看板、影を強く残した白黒の写真はどれも素晴らしい。

 武田花さんの両親は、作家の武田泰淳と武田百合子だが、このフォトエッセイに、武田花さんは古本屋でアルバイトをしていた当時のことを書いている。”古い木造平屋建てのお店には、古本古雑誌が山と積まれ・・・あるとき、うっかり雑誌の山を崩してしまったら、下の方から見たこともない面白そうなものが出てきた・・・”という話しが、アルバイト願望の章に載っている。

|

« FINE | トップページ | 祭りの風景PART2 »

コメント

こんばんは。今日お目にかかりましたneonです。
これも何かのご縁ですので、今後ともどうぞよろしくお願いしますね~。こちらにも時々伺います。「私の東京町歩き」「東京残影」私も持っております。川本先生は、拙個展にふらっとお見えになったりして下さるんですよ。

投稿: neon | 2006/09/17 21:15

こちらこそ、きょうは色々案内して頂きありがとうございます。Mさんに加えて、あのN的の作者さんに直接お目にかかれるとは、本当に不思議な遭遇が重なった日でした。個展、楽しみにしています。

投稿: じんた堂 | 2006/09/18 00:50

はじめまして。
スコッチエッグ♂と申します。
チョコチョコとのぞいてはいるのですが
書き込みは初めてです。

はなさんの事は富士日記を読む前に川本さんの本で知るに過ぎませんでした。

はなさんの著作
は『仏壇におはぎ』しか読んでなかったので、one day読んでみます。

これからも宜しくお願いします。

投稿: スコッチエッグ♂ | 2006/09/24 04:43

 スコッチエッグ♂さん、はじめまして、じんた堂です。
既にMさんのページでお名前を何度もみているので、はじめましてより、こんにちはでしょうか。

 富士日記はまだ読んでいませんが、「遊覧日記」(文:武田百合子、写真:武田花)を読んでいます。武田百合子さんの人間観察とその文章はリアルでちょっとコワイですね。やはり、このようなDNAが花さんにも伝わっているのでしょうか・・・。

 これからもよろしくお願いします。

投稿: じんた堂 | 2006/09/24 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/11911434

この記事へのトラックバック一覧です: OneDay(武田花):

« FINE | トップページ | 祭りの風景PART2 »