« サービスプロバイダ? | トップページ | 渋谷でワープする »

2006/11/09

まぶしさの彼方に

 ここ数日、昼時に外にでると青空がまぶしい。それを見て、ぬけるような青空という月並みな言葉しか浮かばない自分がもどかしい。どこまでも続いているような青空、あのまぶしさの彼方に何があるのだろうか。

Tdsc00721

|

« サービスプロバイダ? | トップページ | 渋谷でワープする »

コメント

そう、眩しい青空、感じます。この時期、こんな空だったかなと、何度も思いました。あれというかこれ、ほんとに秋の空でしょうか。
天高く、の空はこんなんだったかと、不安になったりしています。
そうですね、空のむこうには、おじさんバンドかな?

投稿: △イチおじさん | 2006/11/11 08:57

△イチおじさん、こんばんは、
季節の言葉でいえば、いまは冬を前にした晩秋でしょうか。しかし、頭上というか目前の青空をみて、これこそ晩秋の青空のまぶしさだと言い切れない自分がもどかしい。まぶしさの彼方にあるのは、若い頃果たせなかった夢だろうか、それとも・・・。

投稿: じんた堂 | 2006/11/12 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/12625787

この記事へのトラックバック一覧です: まぶしさの彼方に:

« サービスプロバイダ? | トップページ | 渋谷でワープする »