« アースダイビング(片側町を行く) | トップページ | 路面電車が走る町 »

2006/11/27

雨上がりのオープンカフェ

 雨上がりの昼、食事のために仕事場近くのカフェに向かった。空気はまだ水蒸気をたくさん含み、南風が温かい空気を持ってきたためか風がやわらかい。
Tdsc01230 朝の雨をさけたのか、いつも庭に置かれているテーブルは全て片付けられ、テラスにテーブルが二つだけ置かれている。店内に空きテーブルがあったが、テラスのテーブルが一つ空いていたので、そこでランチを取ることにする。席に着くとテーブル横に置かれたストーブを点けてくれたが、すこし熱いので自分でスイッチを回し消す。しかし、しばらくするとやはりストーブが欲しくなる、結局、テーブルから少し離して点けたままにする。やはり冬は確実にきているようだ・・・。

|

« アースダイビング(片側町を行く) | トップページ | 路面電車が走る町 »

コメント

ハロゲンヒーターの似合う季節になりましたね。
テラスというかオープンエアーは根強い人気がありますね、銀座の泰明小の向かいにあるレストラン、歩道すれすれにテーブルがあって、そこでランチを食べています。奥の席より人気が高く、女の子がひとりでいたりもします。
欧米か!?

投稿: △イチおじさん | 2006/11/29 14:55

△イチおじさん、
そうかオープンエアと言うですね。私が時々いくカフェも、先月ぐらいまでは外の席から埋まっていましたが、今は、外の席は空いていることが多いです。
ところでカフェのストーブで印象に残っているのは、この春、六本木でみかけた傘型のガスヒーター(パラソルヒーター)ですね。最初は、外のテーブルに座っている外人は、なんて寒さに強いんだろうと思ったのですが、実際に自分も座ってみたらとても暖かくて驚きました。

投稿: じんた堂 | 2006/11/30 01:21

真理子です
傘型ヒーターは六本木ヒルズの下にあるツタヤのカフェ外部席に見かけました、もう五、六年たつかしら。
ある冬の雨の日に何で皆さん外にいるのだろう?寒くないの?店内から見て若い人たちは違うわねと思いました。
帰るときにそこを通って見るとなんとあったかい!
夜、車で走るとぼんぼりの様な工事用ライトがありますよね。
いつのころからか明るいまぶしいくらいに見えます。
気がつくとまったく違っているというのは人の世界にもあるわね!

投稿: 真理子 | 2006/12/01 23:12

パラソルヒーター、私が見たのも麻布十番から六本木へ向かう道沿いにあるツタヤ前にあるスターバックスです。店内カフェが満席だったので、しかたなく外の席についたのですが、天気さえ良ければ最初から外の席を目指すのも良さそうでした。

投稿: じんた堂 | 2006/12/03 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/12849762

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりのオープンカフェ:

« アースダイビング(片側町を行く) | トップページ | 路面電車が走る町 »