« 時代の空気 | トップページ | 吉原今昔図 »

2007/01/30

1Aのダブル

 このところ出張が続いているが、仕事の都合で直前まで出発時間がなかなか決まらず、当日に新幹線指定券を購入することが多い。仕事場近くの駅の自動券売機に向かい、行き先と時間を指定して、画面の一番上に表示される列車を選ぶ。座席指定は、可能であれば窓際にしているが、選べない場合がほとんどだ。

 ところで一昨日、昨日と二日連続とも券売機から出てきた切符は1A席、1Aのダブルだ。

 東京から大阪方面を向かった一昨日は、全席満員の状態、隣にすわったのは二人のおじさんたち。東京駅を出るや、焼きちくわを肴に酒盛りという昔懐かしい光景を作り出していた。どうやら料理関係の仕事をしているらしく、某有名調理人の名をなんども繰り返し、会長選をどうするという話を熱く語っていた。どうやら調理人の世界も、腕だけではだめで政治力も必要らしい。この二人の話はそのまま漫才のようで、ツッコミはそれほどでもないがボケはそうとうなものだった。昔は列車に乗ると、にぎやかな小父さんがよくいたけど、最近はめっきり少ない。久しぶりに見かけた漫才風おじさんたちに、ちょっと懐かしい気分に浸ってしまった。
 
Ac100v さて1A席だが、頻繁にドアが開くのでうるさくて、あえて選ぶほどの席ではない。ひとつ便利そうなのは、AC100Vのコンセントが壁についていることだ。これは業務用とは別なコンセントで、容量は2Aとなっているがノートブックパソコンなら十分使えるだろう。注意書きシールを読むと、「このコンセントからの電源は停電、または電圧変動することがあります。機器の仕様をご確認の上、お使い下さい。」とある、おいおい、いまどきそんな不安定な電源はないだろうとツッコミをいれたくなり、JR東海のホームページで調べたら「トンネル通過の際に短時間ですが電源が遮断されることがあります」とあった。まあバッテリ動作のノートブックや携帯電話の充電なら、とりたてて気にすることはなさそうだ。私の場合、使う機会はなさそうだが、いざというときは便利だろう。なお言い忘れたが、この電源コンセントは、700系の一部車両に付いているとなっており、現状では全車両にあるとは言えないようだ。

|

« 時代の空気 | トップページ | 吉原今昔図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/13708275

この記事へのトラックバック一覧です: 1Aのダブル:

« 時代の空気 | トップページ | 吉原今昔図 »