« 二年越しの「煙が目にしみる」 | トップページ | 村田キセル »

2007/01/07

神保町花月

 昨年の6月ごろ、神保町に映画館・劇場ができることが古書仲間で話題になっていましたが、その内容が1月5日新聞発表されました。

Tdsc01759 建物は三省堂裏となっていますが、これは文房堂裏に建設中の小学館のビルでしょう。映画館は「神保町シアター」で100席、劇場は神保町花月の名からも想像できるように吉本興業のお笑い専門劇場で126席で7月オープン予定。同ビルには吉本総合芸能学院(NSC)東京校も入るそうです。
 神保町で漫才とは意外な気もしますが、いまや漫才は若者文化の一つですから、このような劇場もありでしょう。できれば若者だけでなく、大人も楽しめる東京のお笑いを神保町花月に期待したいものです。いずれにしろ、新しい映画館と劇場は大歓迎、神保町へいく楽しみが増えそうです。

|

« 二年越しの「煙が目にしみる」 | トップページ | 村田キセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/13361942

この記事へのトラックバック一覧です: 神保町花月:

« 二年越しの「煙が目にしみる」 | トップページ | 村田キセル »