« 吉原今昔図 | トップページ | 地図物語「あの日の浅草」 »

2007/02/05

70/85

 カレンダーが2月になったとたん、いつも通勤で通りぬけるデパートの通路がチョコレートショップでうまった。私も名を知っている古くからある店から、最近話題の新しいお店までずらりと立ち並ぶ。義理チョコにも縁がなくなったので、どのチョコレートが人気があるのか全く分からないが、どの店も賑わっている。

Tdsc01882 2月は受験シーズンでもある。朝の地下鉄は学生が少なくなり、とこどころに空席が出来るようになった。沿線に学校が多いこの路線では、毎年この時期になるとみられる光景だが、人が少ないのでいままで気がつかなかった乗客のちょっとしぐさが目立つようになる。

 先日、朝の地下鉄に大きなハンドバッグをもった女性が乗り込んできた。スーツに黒いコートを着た、絵に描いたようなキャリアウーマン風である。隣の席に座るいなや、バッグを開けてなにやら中身を探していたが、表面に大小の英語のロゴや数字が書かれている厚い封筒のような紙箱を取り出した。端を破り、破れ目に指をいれて小さなかけらのようなものを取り出した。板チョコのかけらだ。出勤まえのリフレッシュのためだろうか、かけらを一口放り込み紙包みをバッグのなかに戻した。

 さて次は何をするのだろうかとみたら、バッグから手探りでチョコレートを取り出し、口に放り込む。さらにもう一個、またもう一個と・・・つぎつぎチョコレートを取り出し食べている。その食べ方は、ちょっとつまむどこではない、一体どうしたのだろうか?結局、彼女は乗換駅につくまで食べ続けていたが、駅につくやいなや何事もなかったように降りていった。なにか食べずにいられない理由があったのだろうか?

 帰り道近くのスーパーに寄ったら、地下鉄で見かけたあのチョコレートに似たものを見つけた。箱に書かれている数字はカカオ成分を%で示したものだった、50、70、80、85などの種類がある。試しに85と70の買ってみたら、70は良く知られた甘さ控えめのブッラクタイプだが、85になると甘さはまったくなく苦味がある。地下鉄でみかけたあのキャリアウーマンは、いったい何番のチョコレートを食べていたのだろうか?

|

« 吉原今昔図 | トップページ | 地図物語「あの日の浅草」 »

コメント

この時期、あまり男性がチョコを買わない方がいいかもしれません。だれかと思われても知りませんよ。

投稿: △イチおじさん | 2007/02/06 14:23

△イチおじさん、こんばんは、
私がチョコレートを買ったのは、オシャレ度ゼロのスーパーなのでバレンタインデーとはまったく無縁です。ところで、今日、もう一度チョコレートの棚を見直したらカカオ分99%があったので買ってみましたが、これはチョコレートのイメージを飛び越えていますね。”非常に苦いチョコレートです”と箱に注意書きがありましたが、納得しました。

投稿: じんた堂 | 2007/02/06 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/13138510

この記事へのトラックバック一覧です: 70/85:

« 吉原今昔図 | トップページ | 地図物語「あの日の浅草」 »