« 針を下ろす | トップページ | 商店街残照(2) »

2007/02/20

商店街残照(1)

 私鉄駅わきの踏み切りを渡ると、小さな商店街がある。その商店街の入り口に立つのはお菓子屋さん、お店の看板に書かれた文字はほとんど剥げているが、かすかに「森永キャラメル」と読める。その隣りはお菓子屋と同じ屋号のお米屋さん、その向かい側は運動具店にお茶屋さんが並んでいる。(写真はクリックすると大きくなります)

8dsc01982 じつはこの踏み切りの反対側には私鉄が経営するスーパー、さらに2-3分歩けばJRの駅と高層マンションにショッピングセンターがある。以前は賑わっていたこの商店街も、今はすっかり人通りが少なくなってしまい、休日はシャッターが閉まったままのお店もある。

 しかし一見すっかり寂れたように見える商店街も、古くからある鰻屋さん、お豆腐屋さんや和菓子屋さんなどは今も頑張っているし、大通りから移ってきたお店もある。

|

« 針を下ろす | トップページ | 商店街残照(2) »

コメント

こんばんは、ここ多分知っています。自転車でよく通ったような気がします。でも、いつも思うんですが人の出入りの全くない商店って、けっこうオヤジさんなんかが暇そうに新聞を読むでもなくボーッとしていたりするけど、どうやって生計を立てているのかなと。
余計なお世話でしょうか。

投稿: △イチおじさん | 2007/02/20 19:11

△イチおじさん、こんばんは、
昔からの商店街は、お店の種類にもよるけど地元の固定客がいて、それなりにやっているようですね。スーパーや量販店では出来ないサービスを、どう提供するかがキーポイントでしょうか。ということで、これからは御用聞きが注目かも。

投稿: じんた堂 | 2007/02/20 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/13978587

この記事へのトラックバック一覧です: 商店街残照(1):

« 針を下ろす | トップページ | 商店街残照(2) »