« 70/85 | トップページ | 電車がきます »

2007/02/06

地図物語「あの日の浅草」

 東京人3月号のインフォメーションに、新刊の地図本「あの日の浅草」(武揚堂)が紹介されている。”本書は、昭和二十年代後半の浅草を再現した大判地図と、戦災から復興を遂げようとする浅草の姿を写真や文章で振り返る冊子”とあったので、早速、神保町の三省堂で購入。
 
Tdsc04678 この本は、昭和26年に作成された火保図に佐藤洋一氏が文をつけたもので、浅草の古い写真に加えて、いとうせいこう氏、なぎら健壱氏がエッセイを寄せている。火保図とは初めて知った名前だが、「火災保険特殊地図」の略で、火災保険業務用に作成された店舗名や家主の名前などが詳細に記された住宅図で、日本橋、京橋、下谷、浅草、芝、新宿などが作成されていたそうだ。

 なお東京人の紹介記事によれば、武揚堂は「地図物語」としてこの本のシリーズ化を予定しているとある。

|

« 70/85 | トップページ | 電車がきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/13813932

この記事へのトラックバック一覧です: 地図物語「あの日の浅草」:

« 70/85 | トップページ | 電車がきます »