« 植木等逝く | トップページ | 真間川を歩く »

2007/04/01

善福寺川を歩く

 土曜日の午後は第五回アースダイビング、善福寺川に沿って方南町から阿佐ヶ谷住宅まで歩いてきた。

8dsc02354 日ごろ、隅田川や流れがゆるやかな深川の運河ばかり見ているので、善福寺川の狭く深い川底や、曲がりくねった護岸の地形が新鮮に映る。川幅はそれほど広くないが水面が低い、たぶん大雨になれば水量はいっきに増え水位が上がるのだろう。途中、護岸の縁に、雑草が少し生えている土嚢が並んでいるところがあったが、たぶんそのあたりまで水が達したのだろう。

 隅田川も下流になると、水の流れは潮の干満で変わる。橋の上に立って水面をみれば、時間によって水は右に流れることもあれば左に流れることもある。川と海はつねに接しており、それぞれ相互に影響しあっている。それに比べると、善福寺川の流れはまるで渓谷のように勢いよく下っていく。同じ都内といっても西と東では水辺の様相がまったく違う。

 このような川の風景の違いは、そこに住む人々にどのような影響を与えているのだろうか?

 おりしも桜は満開、善福寺川周辺には花見の宴がいくつか見られたが、これだけは隅田川周辺で見る風景と同じだ、まあ花より団子は西も東も関係ないのだろう。

追記:善福寺川流域の話しが登場する本
1)荻窪風土記(井伏鱒二):昭和初期の善福寺川の風景
2)散歩のススメ(泉麻人):善福寺川、ゲルンジー駐車場(牧場)
3)東京自転車日記(泉麻人):ゲルンジー駐車場(牧場)、和田堀公園、大宮八幡、善福寺川

|

« 植木等逝く | トップページ | 真間川を歩く »

コメント

先日はどうもありがとうございました。
じんた堂さんに教えられるまであそこが牧場とは知りませんでしたが、あの場所にはバラックだけでなく何か人を引き寄せるモノが残っているのでしょうね。

投稿: iGa | 2007/04/05 14:27

iGaさん、こちらこそ、ありがとうございました。
かつての牧場は、文明開化を象徴するような近代的な存在らしく、芥川龍之介の父親や伊藤左千夫も牧場をやっていたそうです。あのゲルンジー駐車場(牧場)ですが、新宿区町会連合会の柏木地区のページに、新宿にあったゲルンジー牧場の話しが載っています。この新宿のゲルンジー牧場と善福寺川にあったゲルンジー牧場は、関係があるかもしれませんね。

投稿: じんた堂 | 2007/04/05 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/14486085

この記事へのトラックバック一覧です: 善福寺川を歩く:

« 植木等逝く | トップページ | 真間川を歩く »