« 善福寺川を歩く | トップページ | 目黒川を歩く »

2007/04/02

真間川を歩く

 日曜日の午後、真間川を歩いてみた。真間川は、江戸川に接して市川市を西から東へ流れている。

8dsc02377 真間というのは万葉集にも載っている古い名前だそうだが、この地は、はるか昔は水辺の入り江だったと言われている。現在はあまり低湿地のような様子は見られず、川の両岸は桜並木となりその背後に住宅地が並んでいる。しかし昭和30年代中頃までは、この川は、田圃に囲まれた田舎の川で、シラサギが遊ぶ光景を見ることができたほどである。もちろん護岸にコンクリートなどはなく、土手は草花におおわれて誰でも水面まで降りていくことができた。

 この川の様子を描いた作家がいる、市川市に住んでいた永井荷風である。昭和22年に書かれた短編「葛飾土産」は、当時の真間川の様子を描いている。”真間川の水は堤みの下を低く流れて、弘法寺の岡の麓、手児奈の宮のあるあたりに至ると、数町にわたってその堤の上に桜の気が列植されている”とある、桜は代が変わり少し小ぶりになったようだが、いまでも荷風が見た頃の面影はあるようだ。

|

« 善福寺川を歩く | トップページ | 目黒川を歩く »

コメント

こんにちは!
ちょうど同じ日、私も真間川歩きました。
弘法寺、手児奈あたりを真間山といいますが、
そこで花見をし、酔い心地でふらふらしながら、
真間川まで降りました。
そこの、真間小学校が私の母校なんです。

投稿: △イチおじさん | 2007/04/03 13:03

△イチおじさん、こんばんは、
そうそう真間山です!山の上にお寺があり、その下を川が流れ、その川に面して学校がありました。山と川に囲まれるとは、本当にいいところにある学校ですね!

投稿: じんた堂 | 2007/04/04 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/14500508

この記事へのトラックバック一覧です: 真間川を歩く:

« 善福寺川を歩く | トップページ | 目黒川を歩く »