« 一箱古本市2007(3) | トップページ | 美しい裏窓 »

2007/04/29

一箱古本市2007終了

 本日は市川糂汰堂で本を購入頂きありがとうございました。直接お会いできた方、たまたま不在中にいらした方、皆さまに感謝の言葉をおおくりいたします。

 ここで恒例の「売れた本」と「売れなかった本」を報告します。

1.売れた本(売れてうれしかった本)

私の浅草(沢村貞子):やはり下町散歩の定番ですね、杉浦日向子本(4冊):単行本も文庫も全部売れました、須賀敦子本(2冊)、散歩の達人シリーズ(2冊)、作家と猫(KAWADEMOOK)などなど。昨年同様、女性作家本やムック本は売れ行きが良かったようです。

2.売れなかった本(何で売れなかったんだ本)

文人悪食(嵐山光三郎):安くしたのに売れず、伊丹十三(4冊):ヨーロッパ退屈日記は売れたが他はまったく売れず、東京魔界案内(三善理沙子):やはり谷根千に中央線パワーは通じないか。

以上

8dsc02586 ところで、ほんのわずかの時間でしたが根津近辺を歩いてみると、真新しい建物がやたら目立ちます。古い木造アパートに囲まれた路地の先がみょうに明るいと思ったら、ミニ再開発でしょうか、グレー耐火壁の新しい建物がある。路地をぬけて広い通りにでて空を見上げれば、工事用クレーンが初夏の日差しを浴びてオレンジに輝いている。どこか不連続空間にまぎれこんだような気分になります。

 家屋は、必要に応じて、建て替えや改築が必要になることは止む得ないでしょう。しかし、その古い家屋が、町の景観にどのように作用していたかを確認することも必要なのではと思います。やむえず古い家を取り壊すときも、その建物についてどこまで記録に残すかを決め、写真や図面などを残す作業をする。さらにそれを地域の共有物として残していくことが、町の文化・景観の連続性につながるように思います。

|

« 一箱古本市2007(3) | トップページ | 美しい裏窓 »

コメント

こんばんわ。さきほどは、あれこれと良書を、オマケまで付けてお譲りいただき、大変ありがとうございました。お陰さまで、お会いしたかった方や思いがけない方にも会えましたし、お天気にも恵まれ、のんびりと、とても楽しい一日を過ごせました。もう次回が楽しみです(^^;

投稿: masa | 2007/04/30 00:39

昨日は間に合わず行けませんでした。残念でした。

投稿: スコッチエッグ♂ | 2007/04/30 10:56

masaさん、昨日はどうもありがとうございました。いままで深川以外の本は、古書市で見かけてもあまりチエックしなかったのですが、アースダイビングにさそって頂いた後、いろんな地域の本を見るようになりました。あの浅草・吉原の細かい地図がついた本も、そんな中で見つけた一冊です。これからもよろしくお願いします。

投稿: じんた堂 | 2007/04/30 21:33

スコッチエッグ♂さん、こんばんは、
このところ一箱古本市の輪が拡がり、谷根千以外でも計画が進んでいるようです。また機会がありましたら、その時はよろしくお願いします。

投稿: じんた堂 | 2007/04/30 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/14891502

この記事へのトラックバック一覧です: 一箱古本市2007終了:

« 一箱古本市2007(3) | トップページ | 美しい裏窓 »