« ジャスミン・ツリー | トップページ | ダックスフントか? »

2007/05/07

新編ノラや・福武文庫版

 昨年もそうだったが、一箱古本市が終わると、その売れ残りを通勤本として読んでいる。きょうは、「新編ノラや」(内田百閒:福武文庫)だった。

Photo_20 いまさら内田百閒と思われるかもしれないが、福武文庫版は、ちょっと他の文庫版と違っているのだ。

 福武文庫版で、彼ハ猫デアルの最初の数行をみると、

”何匹いたか知らないが、その中の一匹がいつも親猫にくっ付いて歩き、お勝手の前の物置の屋根で親子向き合った儘居眠りをしていたり、欠伸をしたり、何となく私共の目に馴染みが出来た。”

 同じ部分を、中公文庫版でみると、

”何匹ゐたか知らないが、その中の一匹がいつも親猫にくっ附いて歩き、お勝手の物置の屋根で親子向き合った儘居眠りをしてゐたり、欠伸をしたり、何となく私共の目に馴染みが出来た。”

 この違いが分かるだろうか、そう、福武文庫版はその帯に”初めての現代かなづかい”とあるように、内田百閒がこだわった旧かなを、全て現代かなに変えてあるのだ。さらになぜか、”お勝手の物置”を”お勝手の前の物置”など、字句も変えている。

 内田百閒の文章を、全て現代かなにしたのは、大きな挑戦だと思うが、なにか余計なお世話という気もする。まあー今となっては固いことは言わずに、面白本として楽しめる。もちろん福武文庫版はすでに絶版になっている、さあ、どうです、買い逃した方おしいと思いませんか。

|

« ジャスミン・ツリー | トップページ | ダックスフントか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/14992167

この記事へのトラックバック一覧です: 新編ノラや・福武文庫版:

« ジャスミン・ツリー | トップページ | ダックスフントか? »