« ダックスフントか? | トップページ | 路地奥の冒険者 »

2007/05/13

東京の祭り(蘇る地霊)

 土曜日の午後、地下鉄神保町駅から靖国通りに上がったら、いきなり祭囃子が聞こえてきた。神田祭りだ!

8dsc02685 神田明神の氏子範囲は広くて、神田付近はもちろん、日本橋三越や水天宮付近まで拡がっている。しかし西の端にある神保町付近は神田と言われながらも微妙で、水道橋寄りは三崎神社の氏子になっているようだ。駿河台で用事を済ました後、通りに出たら、ちょうどお神輿が駿河台下の交差点を進んでいるのが遠くに見えた。

 回りはビルになり町の名前も変わっても、祭りとなると古い町名で皆が集まる。祭りは、ふだん隠れている、古い時代の境界というか地霊のようなものを蘇えさせる。五月の東京は祭りの季節、神田祭り、浅草三社祭と続く。

|

« ダックスフントか? | トップページ | 路地奥の冒険者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/15044933

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の祭り(蘇る地霊):

« ダックスフントか? | トップページ | 路地奥の冒険者 »