« 美しい裏窓 | トップページ | 新編ノラや・福武文庫版 »

2007/05/02

ジャスミン・ツリー

 久しぶりに地下鉄小川町駅近くに用事があったので、帰りに淡路町にあるジャスミンの木を見てきた。

8dsc02593 神田松栄亭近くの路地に二階家の屋根に届くようなジャスミンの木がある。神田祭りの準備風景を街角でも見かけるようになるこの時季は、ジャスミンの開花時期でもあり、付近に独特な甘い匂いをただよわせている。

 ジャスミンは総称で300種類程度あるそうで、匂いのないものもある。東京の路地で見かけるのはハゴロモジャスミンというもので、これは、ジャスミンティーに使用されるものとは異なる種類、この花を摘んでもジャスミンティーにはなりそうもない。

 なお、このことは作曲・作詞した尾崎亜美さん自身が以前語っていたが、「オリビアを聴きながら」では、ジャスミンは”眠りを誘う”と歌っているが、本当は、ジャスミンティーは目を覚ます効果があるらしい。

追記:2009年4月

 淡路町のジャスミンツリーは、建物・駐車場とともに消え、その場所にビルが建ちました。

|

« 美しい裏窓 | トップページ | 新編ノラや・福武文庫版 »

コメント

こんばんわ。あ、あそこか!…と、場所は分りましたが、こんなにジャスミンが這い上がっていたことに気づいていませんでした。ところで、僕も、実は、神保町に居ました。ニアミスのようですね(^^;

投稿: masa | 2007/05/03 00:38

小川町のあと神保町に向かいましたので、完全ニアミスですね。ミロンガとラドリオの路地に廃材がつまれていたので、一瞬、取り壊しが始まったかと思いましたが、ミロンガで内装工事をしていたようです。

投稿: じんた堂 | 2007/05/03 19:39

私も「あ、あそこか!」と分かりました。昨年の2月、交通博物館に行った時、この建物を写真に撮っていました。その時は未だ花は咲いてないので近代建築のアイテムである連窓と2トーンに塗り分けられた自己主張する壁に興味を持ったと思います。

投稿: iGa | 2007/05/04 21:38

アースダイビングの皆さんは、町をよく歩いているので、ちょっとした路地でも「あー、あそこ」というように言葉が・・・。この地域は「藪そば」をはじめに古くからある食べもの屋が集まっているので、建物風景は変わらないと思い勝ちですが、細かな部分はつぎつぎ変わっていろので、目が離せません。

投稿: じんた堂 | 2007/05/05 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/14928369

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスミン・ツリー:

« 美しい裏窓 | トップページ | 新編ノラや・福武文庫版 »