« 透明なとき | トップページ | 待宵草 »

2007/06/04

透明なとき#2

 川面を水上バスが走っていく。浜町から隅田川へ向かい堤防に立つと、川面がまぶしく輝いていた。日差しは夏だが、どこか風が冷たく涼しさを感じる。

8dsc02843

|

« 透明なとき | トップページ | 待宵草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/15317647

この記事へのトラックバック一覧です: 透明なとき#2:

« 透明なとき | トップページ | 待宵草 »