« 目切坂 | トップページ | 乱歩と東京 »

2007/06/15

青空の下の十字架

 今朝は、いつもより少し遅めに起きたので、駅に向かうころにはすっかり日差しが強くなっていた。例年、梅雨入り直後に快晴の日があるが、今日は、まさしくそのような天気だった。

8dsc02940 踏み切りで電車待ちをしているあいだに空をみれば、青空にハケで刷いたような白い雲が流れている。その雲の端がキレイに青空に溶け込む様子は、まるで秋空のようだった。モクモクとそびえる夏の入道雲は、力強く激しい印象だが、銀色の十字架が輝く教会の屋根のはるか上に拡がる青空と白い雲は、どこか爽やかな印象がある。

 それにしても、こういう風景を見ると、日頃している仕事が小さく見えてしまう。自然が作り出す造形と色は、じつに見事だ。

|

« 目切坂 | トップページ | 乱歩と東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/15447121

この記事へのトラックバック一覧です: 青空の下の十字架:

« 目切坂 | トップページ | 乱歩と東京 »