« 透明なとき#2 | トップページ | ほうじ茶の香り »

2007/06/05

待宵草

 日帰り出張が遅くなり、深夜帰宅となりそうなので帰りは東京駅に向かい、ここで駅弁を購入。仙台の牛タン弁当、例の紐を引っ張ると温かくなるタイプで、現在人気ナンバーワンらしい。値段は¥1100なり。

8dsc02862 深夜、自宅へ向かう途中、線路沿いの道を歩いていたらオオマツヨイグサが咲いているのに気づいた。オオマツヨイグサは夜中に咲く花だが、以前、その大きな群落を長野で見たことがある。林道とその両側に広がる一帯に咲き乱れる花が月夜に照らされ様子は、美しいを通り越してどこか不気味な印象がした。

 それにしても、この線路際の道はいつも通っているのに、どうしていままでオオマツヨイグサがあることに気が付かなかったのだろうか?

|

« 透明なとき#2 | トップページ | ほうじ茶の香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/15328408

この記事へのトラックバック一覧です: 待宵草:

« 透明なとき#2 | トップページ | ほうじ茶の香り »