« ペナンのパレット壁 | トップページ | ペナンのブルーマンション »

2007/08/19

ペナン旧市街全景

 旧市街の路地裏には緑が少ないと以前書いたが、こうして全景をみるとやはりペナンは緑が多い。

Dsc03954 町を歩いていると二階の屋根をゆうに超える木を見かけることがある。その場所を行ってみると、だいたいは広場や駐車場だったりするが、廃墟の場合がある。人間の手が入らないと、あっというまに木に覆いつくされてしまうようだ。

Dsc03857 ホテルから徒歩数分のところで再開発を行っている。その通りの表側はまだ一部の店が営業しているが、その裏側は長い間放置されていたらしく、すでに木に飲み込まれつつある。似たような風景は旧市街各地でみかける。家並みの中に、大きな木があるなと思いながら近づいてみれば、二階の屋根を突き抜けて木が生えていることがあった。もしかしたら、路地裏に木が少ないというのは、それなりに手入れがされているためかもしれない。

|

« ペナンのパレット壁 | トップページ | ペナンのブルーマンション »

コメント

こんにちは!
旧とつくからにはとにかく古いんですね。
壁とかボロボロになるまで
そこにあるというのが不思議な感じです。
戦禍とかがなかったんでしょうか、
古さが色を出して成長している。

投稿: △イチおじさん | 2007/08/21 13:20

なにげなく建っている家でも、19世紀末に建てられたものだそうです。借りることも可能ですので一軒いかがですか。ただし間口が狭くて奥行きが長いので、住むには不便だそうです。日本でいえば、京都の町屋の構造に近いです。

投稿: じんた堂 | 2007/08/22 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/16165383

この記事へのトラックバック一覧です: ペナン旧市街全景:

« ペナンのパレット壁 | トップページ | ペナンのブルーマンション »