« 昭和30年@銀座 | トップページ | 自転車のある風景 »

2007/10/25

銀座ゆらぎビル

 先日は三原橋で建物全体をネジッたようなビルを見かけたが、銀座2丁目ではこんなビルが建築中。

8dsc04682 この建物全体を波打つ曲線で構成するデザインを何と呼ぶのだろうか?

 この曲線を見ていると、どことなく緩やかなリズムがあるように思える。もしかして1/fゆらぎだろうか、そうであれば、この建物の中にいるとアルファー波がよく出て新しい発想ができるかもしれない。この建物のデザインは、そんなことを思わせる。

|

« 昭和30年@銀座 | トップページ | 自転車のある風景 »

コメント

いや~すごいですね、このウネリ。
肉眼でみたらどんな感じなのか、気になります。
このビルの中はどうなっているんでしょうね。
まさか、床もウネッているなんてことは…ないでしょうね(^^;;。

投稿: わきた・けんいち | 2007/10/28 21:18

わきたさん、こんにちは、
なかなかインパクトのあるデザインと思うのですが、実際の使いがってはどうでしょうか・・・。以前、新宿にある台形のビルを訪れたら、部屋の隅が小さな倉庫になっていました。ちょうど鋭角三角形の場所なので棚も机も置けず、物置にするしかなかったそうです。

投稿: じんた堂 | 2007/10/29 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和30年@銀座 | トップページ | 自転車のある風景 »