« 謎の自転車専用信号機 | トップページ | お天気カメラ »

2007/10/02

アコギ

 雑誌の表紙に「アコギ」という文字を見て、とっさに何のことだか分からなかった。

8dsc03138 おじさん世代でいえば「アコギ=阿漕」となり、悪代官が越後屋に向かって言う”越後屋、おぬしも阿漕な(ずうずうしい)やつやのう・・・”のような使い方が一番に浮かんでしまうが、雑誌にあった「アコギ」は、アコースティックギターの略だった。エレキがエレクトリックギターの略であることは知っているが、アコギは、どうもなじめない。でも「アコギ」、これってオジサン度リトマス試験紙に使えるかもしれない!

|

« 謎の自転車専用信号機 | トップページ | お天気カメラ »

コメント

こんにちは!
それはやっぱり「アコギ=阿漕」でしょう。
まさかアコースティックだなんて
やっぱり、おじさんなんでしょうか?

投稿: △イチおじさん | 2007/10/03 10:10

アコースティックギター=アコギという略語を、わたしたち音楽の世界では昔から使っていました。
一般的には、フォークミュージックを演奏する(スチール弦を張った)ギターを、フォークなどと呼んでいたのではなかったでしょうか?
最近街角で演奏している若者が増えましたが、電気楽器のような設備が不要なことから、かつてより生ギター(という言い方もあり)の使用率が増えており、音楽業界の略語が一般的にも普及してきたのではないかと思います。

投稿: M.Niijima | 2007/10/03 11:22

△イチおじさん、こんばんは、
はい十分オジサンです!でも、めげてはいけません!

投稿: じんた堂 | 2007/10/03 23:15

M.Niijimaさん、こんばんは、
音楽業界では以前から使われていたのですか!であれば、やはり業界用語が一般化したのかも。
ところで最近のストリートミュージシャンの活動はいろいろ変化に富んでいて、以前、渋谷で本格的なドラムセットを並べているグループを見かけたことがあります。

投稿: じんた堂 | 2007/10/03 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74890/16640502

この記事へのトラックバック一覧です: アコギ:

« 謎の自転車専用信号機 | トップページ | お天気カメラ »