« 古いアルバムと・・・ | トップページ | ミシュランガイドブック »

2007/11/21

路地の条件

 銀座で用事を済ませ駅へ向かう途中、近道を探していたら路地に出会った。

8dsc04750 道というよりビルとビルの間の隙間は、一人がやっと通れるほどの幅しかない。この路地にあるのは、ビルの裏口だけかと思って進むと、どうみてもこの路地にしか出入り口がないお店がある。さらに進むと、デザイン事務所だろうか、開いたドアの向こうに図面などを置いたテーブルが見える。

 さて、この路地は銀座の何処だろうか?家に戻り、銀座路地マップを開いてみたが、どうもそれらしい路地が見つからない。たぶん7-8丁目あたりだろうが、二度と同じ路地を見つけ出せそうもない。あれは都会の迷路だったのだろうか。

 銀座に限らず路地は、よそ者が入るのを拒むような雰囲気がある。しかし、ひとたびそこに馴染んでしまうと、なぜか再び足を運びたくなる。

 これは辞書に書かれている路地の定義とは違うかもしれないが、

1)食事やお店など立ち寄る場所のない路地は、たんなる通路であって路地ではない。

2)路地の道幅は、狭ければ良いというものではない。見知らぬ人が、お互いに気兼ねなくすれ違える程度の道幅がほしい。

3)そしてこれをあげると途端に場所が限られてしまうが、路地には、季節の移り変わりをさりげなく表す、花木や草花がなければならない。

 さて、これらの条件にあてはまる路地はどこにあるだろうか・・・。

|

« 古いアルバムと・・・ | トップページ | ミシュランガイドブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古いアルバムと・・・ | トップページ | ミシュランガイドブック »