« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

丸窓のバス

 連休のはざ間の月末、たまっていた用事を片付けるために都心へ向かうと、東京駅前でちょっと変わったバスに出会った。

8dsc06667 地下鉄車内のポスターによれば、4月26日に運行を開始した東京駅から日本橋、秋葉原、上野、合羽橋、浅草、両国へ向かう新しい路線バス。料金は通常の都バスと同じ¥200、東京駅から毎時0分・30分の30分間隔で出発。

 気になるのは、このバスのデザイン。モダンに見えて、どこかクラッシック、洋のように見えてどこか和の要素も感じる。

 水平のリブが浮き出た銀色に輝くボディは、古いアメリカ映画にあったハイウエイを走るGreyhound Busのイメージに通じる。たぶんモダンな洋の印象は、この銀色ボディのリブがもつメカニカルな造形が影響しているのだろう。

 それでは和の印象はどこからだろうか?

 それは側面後部の丸窓の影響ではないだろうか?

 じつは、似たような造形を京都で見たことがある。京都洛北鷹が峰の光悦寺の近くに源光庵という寺がある(JR東海にその写真がありました)。その本堂に、「悟りの窓」と呼ばれる大きな丸い窓があり、ちょうど紅葉の時季だったが、この窓を通して見る庭は実に見事だった。その窓は、「禅と円通の心」を表すと言われているが、丸窓には、風景を整理してみせる不思議な力があるのかもしれない。

 さて、このバスの丸窓からは、どのような東京の景色が見えるのだろうか・・・。

 と、昨日はここまで書いたのだが、丸窓の建物はもっと身近でも見かけたように思い、過去に撮った写真を探してみた。

8dsc04563 これは景色を見るものではなく明り取りのためのようだが、根津にある根津教会にも大きな丸窓がある。根津教会のホームページによれば、”この教会は、1919(大正8)年に建てられ、その外観はヨーロッパ中世から教会建築にみられるゴシック様式の流れをくむ”とある。丸窓と宗教のあいだに、何か特別な意味や関係があるのだろうか、いずれにしろ仏教とキリスト教の建物が同じような丸窓をとりいれているのは興味深い。

8dsc06601 一般の住宅で丸窓を見た記憶はないが、店舗建築の例を身近なところで見ることができる。神保町にあった店舗長屋は、ほとんどが歯抜けのようになりビルに建て替えられたが、まだ当時の姿を残しているものがある。いまや二軒長屋状態だが、その左側「めがねは専門店」の看板をかかげる三鈴堂は、創業明治十二年のメガネ屋さん、その屋根の部分に丸窓がある。右隣りの店は四角いサッシ窓に改造されているが、この丸窓はオリジナルままで、かつてはこの丸窓がずらりと並んでいた(十一軒長屋)の古い写真がいまも残っている。

 さて新しいバスの話しから丸窓の話しに回り道してしまったが、これら建物をみると、丸窓は古くから東西の世界で取り入れられた意匠であることがわかる。「新しそうに見えて、どこかモダン・クラッシック、洋のように見えてどこか和」という印象は、このあたりからきているのだろう。

| | コメント (4)

2008/04/27

2008一箱古本市御礼@市川糂汰堂

 2008年谷根千一箱古本市の市川糂汰堂にご来店頂いた皆様、ありがとうございました。今年の一箱古本市の結果を報告いたします。 

 前日の天気予報では晴天のはずでしたが、日曜日の朝、カーテンを開けたら雨が・・・。え、そんなとレーダーアメダスの予報をみれば、10時頃までには雨雲が通りすぎそう、気をとりなおして谷根千に向かいました。

 今年の市川糂汰堂の出店場所は、根津と千駄木の中間にある往来堂。集合・ミーティング後、静かに販売開始となりました。じんた堂の品揃えは、「懐かしの東京へダイブ」をテーマに「東京本」、「お父さんお母さんの趣味本」、さらに之潮(コレジオ)社より提供された「川の地図事典」を加えた3部構成としました。数は少な目ですが、それぞれの分野で押さえておきたい本を用意したつもりです。

 売れた本の傾向をまとめますと、東京本は例年と同じようにコンスタントに売れましたが、お父さんの趣味本として持っていった古いカメラ関係の本は、安くしたにもかかわらず一冊しか売れず(やはりお父さんのサイフはきびしいか!)。その一方、お母さんの趣味本として出品した、「きもの関係」の本は新旧とも売れました。昭和30-40年代のきものの実用本も売れましたが、あの本を参考に、今年の夏は浴衣などを自作されるとステキかなと思いますがどうでしょうか・・・。川の地図事典、地域史研究の専門書なども売れ、まずまずの谷根千での一日でした。

 一箱古本市全体をふりかえりますと、当日も九州福岡から参加されたグループがいらっしゃいましたが、南陀楼綾繁さんの企画で谷根千ではじまった一箱古本市の輪が他の都市にも広がっています。谷根千でも様々なイベントとのコラボが芽生えてきており、新たな変化が起きている印象を受けました、次回はどのような新企画が登場するのでしょうか楽しみです。今年は、連休後半の5月3日(土)にも一箱古本市が開催されますので、27日を逃した方はお出かけ下さい。もちろん、私もお客さんになって行く予定です。

8dsc06649 さて売上金ですが、自宅へ戻る途中「今日の夕飯は外でちょっと豪華に」ということに、さらにその帰り道に本屋で雑誌をまとめ買いしてしまい、あっというまに残りわずかになってしまいました。ということで、某ファミレスでの夕飯の写真です。

 さいごに、立ち寄っていただいたお客さん、店先を貸していただいた往来堂さん、往来堂でご一緒させていただいた一箱店主(m.r.factory、林檎文庫、オホンゴホン堂、東京セドリーヌ、あり小屋、古本けものみち)の皆さん、そして一日サポートしていただいたスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

2008/04/26

2008一箱古本市@市川糂汰堂

 ことしも谷根千で行われる一箱古本市に参加します。今年の市川糂汰堂は、「懐かしの東京へダイブ」をテーマに東京散歩の必読・必携本を出品します。さらにサプライズゲストが参加されるかも・・・

Photo

日時:4月27日(日)、11:00 - 16:00

場所:往来堂書店 文京区千駄木2-47-11
 
(根津駅と千駄木駅の中間にある不忍通りに面した書店)

 例年、この時期は根津神社で「つつじ祭り」が行われています、往来堂は根津神社の近く、休日の谷根千散歩のついでにお立ち寄り下さい。もちろん本が好きな方は、谷根千各地で行われる一箱古本市参加店めぐりをお楽しみ下さい。

| | コメント (0)

2008/04/25

桜川

 昨日は、午後から都心に向かったのですが、小雨の中で出会った光景は・・・

8dsc06617_2 ソメイヨシノは花が散りすっかり若葉におおわれていますが、八重桜はまだまだ花が残っています。その木の下の道路は、散り始めた花びらがご覧のようなありさま。朝の雨で流されて集まったのか、路肩に花びらが小さな川をつくっていました。

| | コメント (0)

2008/04/23

進化型手すり棒

 もうだいぶ前のことだが、東京を走るJR電車左右両側ドアの車内中央付近に、一本のポールが手すりとして立っていた。

8dsc04008 その今は見かけない電車の手すりを海外で見かけたことがある、しかも三つ又状になった進化型。

 写真のポールは、香港空港内のターミナル間を結んでいる新交通システムAPMの車両の中にあったものだが、中央部を三本にして上下で一本にまとめた構造になっている。

 実際に使用している様子をみると、これはなかなか良さそう。たとえば同じような身長の人が自然にポールに手をおくと、ほぼ同じ高さの部分を握ることになり、一人は少し上、もう一人は少し下にするなど微妙な気配りというか、調整が必要になるが。このように三本になっていると、互いに隣のポールの同じ高さの場所に手を置き、自然な姿勢で立つことができ、安心・安定して立っていられるようにみえる。わずかな工夫だが、その効果は高そう。

 JRも新型車両では、座席中央付近に手すりをつけて便利になったが、手すり自体の構造もまだまだ研究する余地があるように思うが、どうだろうか・・・。

| | コメント (2)

2008/04/20

お母さんの趣味本#1@市川糂汰堂

 本を整理していたら、料理・裁縫・きもの関係の本が出てきました。4月27日の一箱古本市、お母さんの趣味本は、その中から”きもの”をキーワードに何冊か持っていきます。

Photo 青木玉は、幸田文の子、すなわち幸田露伴の孫娘にして作家。吉岡幸雄は、京都在住で数多くの著作もある染色家です。「きもの暮らし」は、二人が京都と東京で行った対談をまとめたもので、日本の着物が社会変化に応じてどのように変わっていったか、きもの文化とはどのようなものかを語っています。本文も良いですが、脚注で解説される着物にまつわる用語は、なかなか参考になります。

 たとえば悉皆屋(しっかいや)、広辞苑によれば、”江戸時代、大阪で衣服の染色・染返しなどを請け負い、これを京都に送って調整させることを業とした者。転じて、染物や洗張りをする店”と説明されています。

 「きもの暮らし」では、本文の中で、”昔、梅原龍三郎先生のお父さんたちが悉皆屋としても非常に優秀だった・・・”と述べるとともに。脚注で、”悉皆屋はきものを制作するところである。意匠を起こしてどのような文様と色にするか、それを友禅染、刺繍、型染めなどのどの技法で表現するかを決め・・・”、のように説明されています。このことからは、染物屋や洗張屋というイメージとは異なり、悉皆屋は、衣装デザイン全体をコーディネイトするプロデューサーのような役割だったことが分かります。

Photo_2 「きもの」は、幸田文の小説ですが、「きもの暮らし」の中で、吉岡幸雄は、このように書いています”「きもの」という小説を読ませていただくと、時代背景とその時分のきものの記述が大変細かくなされていて、僕など染屋をやっている立場から拝読しても、普通の小説家が単に風俗として捉えているだけじゃなくて、極めて正確なことをお書きになっている。”

Photo_3 「新しい和裁」(山本らく)は、昭和35年に発行された裁縫の本です。赤ん坊の「おしめ」からはじまり、「浴衣」、「単のきもの」、「羽織」など、あらゆる着物の作り方を網羅しています。

| | コメント (0)

2008/04/14

カリン(花梨)

 桜が散り始める頃になると、カリンの花が咲き始める。

8dsc06395 ノド飴のパッケージにもあるので、カリンの実が黄色いリンゴのような形をしていることはよく知られているが、その花となると知る人は少ないようだ。カリンの花は、サクラより少し大きめで、ボケの花に似た5弁の薄いピンク色の花びらをもっている。

8dsc06422 カリンは、ちょうどサクラの満開のころに咲き始めるが、いつもサクラに気を取れらて、地面に散った花びらでようやく咲いたことを知ることが多い。まして、ツボミに気付くことは少なく、いつも見逃してしまう。

 そのツボミを久しぶりにみつけた。まるで真っ赤なバラのツボミのようなその姿に、ちょっと感動してしまった。

| | コメント (2)

2008/04/12

エジソン・ライト

 白熱電球の製造・販売が中止される話しが現実的になってきた。

 4月5日、経済産業省は、4年後の2012年までに白熱電球の国内での製造・販売を中止し、省エネ効果が高い電球形蛍光灯に全面切り替える方針を発表した。海外の一部の国(アイルランド、オーストラリア)ですでに発表されていたが、環境問題を改善するためにエネルギー消費の大きな白熱電球の製造・販売を止めて蛍光灯に切り替える話しが、日本でも現実のものとなってきたのだ。

Kodak_color_hb ところで光源の種類が何であろうと、照明に使うには明るさに加えて、その光源で照らされるものの色の見え方が重要になってくる。極端な例では、高速道路のトンネル内の黄色い照明の中では、クルマの色が違ってみえる現象がある。

 照明による色のみえ方がどれだけ自然光に近いかを示す指標を演色性という。演色性は、もっとも自然光に近い状態をRa=100として、値が小さいほど自然光から外れてしまう。じつは白熱灯は、このRaが100で自然光にもっとも近い性質を持っているが、一般に使われている蛍光灯はRa=80程度のものが多い。もちろん医療現場など色の差が重大な結果をもたらす環境には、Ra>90以上の特別な蛍光灯が使用されているので大丈夫だが。これから作業場などにある白熱電球を蛍光灯に切り替える場合には、使用する蛍光灯の演色性が十分か確認する必要があるだろう。

 それにしても、いまや地球温暖化・省エネという言葉の前には、誰も異論をはさめないが。システムの切り替えにあたっては、新しいシステムに合わないものは全て切り捨てるだけは止めてほしい。

写真は、KODAK COLOR DATA BOOK: COLOR AS SEEN AND PHOTOGRAPHTEDから

| | コメント (0)

2008/04/10

お父さんの趣味本#1@市川糂汰堂

 恒例の一箱古本市が近づいてきました。今年は4月27日(日)と5月3日(土)の二日間の開催となり、それぞれ50店舗ずつ、市川糂汰堂は4月27日(日曜日)、根津の往来堂書店(文京区千駄木2-47-11、根津駅と千駄木駅の中間地点にある本屋さん)の前に出店予定。今年出品する本は、いつもの東京散歩本に加えて、昭和のお父さんお母さんの趣味本を予定しています。

 それでは準備中の本から、お父さんの趣味本のいくつかを紹介します。

Ars 戦前・戦後にかけてARS社は、写真関係の書物を出版していました。小型カメラ写真術(アマチュア写真講座9)は、戦前、昭和12年に発行、カメラとレンズ(佐和写真技術講座2)は、戦後、昭和29年に発行されたもので、二つの本とも当時の小型カメラ(35ミリから6X9)の構造や使用例などを詳しく説明しています。その記述は歯に衣着せぬという調子ですが、図やデータ表なども多く、内外のカメラを幅広く網羅しています。

Photo_3 二眼レフが大人気になった時代があり、我が家にもリコーフレックスがあることを、以前、書きましたが。戦前・戦後にわたって日本でどのような二眼レフが製造され、それがどのようなものだったかを記述した本があります。

 「国産ローライの研究」(北野邦雄、光画荘)は、タイトルが右から書かれていることから分かるように、昭和18年に発行された二眼レフカメラの本です。前半はドイツ製二眼レフカメラのローライ、後半は日本製の二眼レフについて解説しています。記述は、当時(戦時)の世相を反映したものでしょうか、工業製品の国産化を強く意識したものとなっています。

 「二眼レフ写真術」(鈴木八郎、双芸社)は、昭和26年発行。当時、市場で入手できたドイツ製、アメリカ製、国産の二眼レフカメラを紹介するとともに、二眼レフでの撮影方法を解説しています。新しいだけあって(といっても昭和26年ですが)、取り上げられたカメラの種類も多く、アクセサリーについても記述されています。

Photo_2 「模型航空読本」(堀内幸行、前田書房)は、昭和17年発行の模型飛行機の本で、その昔、模型屋さんで必ず売っていたゴム動力飛行機やグライダの工作を解説しています。簡単な機体から、リブが複雑な機体まであり、子供用と言いながら高度な内容を含んでいます。なお、この本や著者をいろいろ調べても資料が見つかりません、もしご存知の方がいましたらお知らせ下さい。

| | コメント (0)

2008/04/07

図鑑で遊ぶ

 長い間そう思っていたことが、間違いだったことを知って驚くことがある。

8dsc06414 子供頃のことだが、大人が2-3人で囲むほどのユキヤナギの植え込みが近くにあった。4月になると、細い枝にびっしりと小さな花をつけ、やがて散り始めると、その近くの地面は、雪が降ったかのようにまっ白になった。ユキヤナギの名前は、この花の散る様子からきたのだろうと、子供ながら思い込んでいた。その大きなユキヤナギは工事で無くなってしまったが、株の一部が移植されて、いまも毎年花をつけている。

 ユキヤナギはもう一株、後から植えられたものが近くにあるが、こちらもちょうど今が満開になっている。その二つのユキヤナギを見比べていたら、どちらも花の大きさは5~6ミリ程度で同じだが、花の様子が少し違うことに気付いた。

 古くからあるユキヤナギの花は八重になっているが、後から植えれたユキヤナギは一重。ユキヤナギには、一重と八重の二種類があるのだろうと思ったが、念のため牧野植物図鑑で調べてみると・・・

 一重のものはユキヤナギだが、八重のもは全く違う名前。

 牧野植物図鑑によれば、ユキヤナギの花は一重で、八重の花をもつものは「シジミバナ」となっており、”花をシジミ貝の内臓に見立てたもの”と書いてある。私がずっとユキヤナギと思い込んでいた花は、シジミバナだったのだ。それにしてもシジミバナとはあまりにユキヤナギからかけ離れている、せめてミゾレぐらいにしてミゾレヤナギにでもならなかったのだろうか・・・。

 最近は図鑑を開くことが少なかったが、たまに開くと新たな発見がある。たとえば、これも最近知ったのだが、春の七草の一つであるホトケノザは、本当はタビラコ(田平子)という草らしい。一つの草が二つの名前をもつのでなく、ホトケノザという全く違う草も存在しているので話しはややこしい。こんなことを知るのも図鑑遊びのおかげだろう。

| | コメント (2)

2008/04/02

スポーツコート

 真新しいスーツ姿の若者を見ると、新入社員時代の出張での出来事を思い出す。

Sportcoats もともと服装に自由な会社、その中でも私がいたのは自由度が高い部署だったので、海外から来るメンバーも含めてみなカジュアルな服装で仕事をしていた。そういう社内環境だったので、初めてのUS出張も、カジュアルな服しかもっていかなかった。

 ところが現地で急に予定が変更になり、製品展示会に出席することになった。そのとき、現場の責任者がメールしてきたのが”ドレスコードはSuits or Sport coats”。スーツは分かるが、このスポーツコートというのが分からなかった。カタカナでスポーツコートと書くと、スポーツ選手がグランドなどで着るようなコートを思い浮かべてしまうが、Sport coatsとはどんな服だろうか?

 現地にいた友人に聞いたら、この場合のスポーツコートはジャケットのこと、たとえばブルックスブラザースでは”Suits / Sport coats & Blazers”と表記しているそうだ。日本でいうジャケットは、アメリカではSport coatと言うらしい。いろいろやりとりして、そのときは私はブレザーを着ることでOKとなったが、こんなこと知っていれば何でもないが、知らないと相当悩む。

 じつは、これには後日談があり、展示会場に入ってみたら皆シャツ姿で、なかには会社のロゴ入りポロシャツの人もいて、スーツやスポーツコートを着ている人はまったくいなかった。結局、ドレスコードの話しはそれきりになり、ジャケットは、アメリカではスポーツコートということだけが印象に残ったような・・・。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »