« アジア路地裏風景学#5:果物屋 | トップページ | 初物ゴーヤチャンプル »

2008/05/27

夏草繁る

 あらためて書くほどのことはないが、夏草の季節となった。

8dsc07070 夏の草は、雨の後、一気にその勢いを強くし葉を大きく伸ばす、その草むらの近くを歩いたら、急に草の一部がモゾモゾと動いた。

 何だろうか、草の奥を覗けば茶色の蛙がいた!

 デジカメを取り出し撮ろうとしたら、気配に気付いたのか一気に草の奥へ進み、姿を隠してしまった。

 このあたりは以前から住宅地だが、雨の日になると蛙が出てきたことがあった。数匹の蛙が、雨の中、右に左に飛び歩く光景は、蛙が水に住む動物であることを思い出させたが、それは十年以上前の話。このごろは、まったく見かけなくなった。

 今日見かけた蛙は、川や池がないこの地になぜいたのだろうか、まさか、空から降ってきたのだろうか?これは冗談でなくありうると思っている。最近も、カラスがニワトリの玉子を落としていったし、その逆に大きなものをくわえて飛び立ったとこを見たこともある。

 さて、これで終わるかと思ったら、さらに驚く光景が!

 気持ちの良い天気にさそわれて日光浴をしているのか、こんなものまで出てきた

|

« アジア路地裏風景学#5:果物屋 | トップページ | 初物ゴーヤチャンプル »

コメント

おはようございます!
あらヘビだ。
蛙を狙って出てきたんだと思う。
?蛙の方が強いんだったかな、
この2人の関係は。

投稿: おじさんの独り言 | 2008/05/28 06:49

おじさんの独り言さん、
この二匹、人知れず戦いをしているのかもしれませんね。
ところでハクビシンも市内を歩き回っているそうで、動物は意外と暮らしやすいのかも・・・。

投稿: じんた堂 | 2008/05/28 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジア路地裏風景学#5:果物屋 | トップページ | 初物ゴーヤチャンプル »