« 海月@深川 | トップページ | 夏座敷 »

2008/07/09

積み木本と格闘する

 積み木の山(といっても小さな本の山だが・・・)と格闘している

Photo 本棚に並んでいる本は、一目で何の本か分かるが、積み木の山のように床に積んだまま置きっぱなしの本になると、一番上しか分からない。山の下のほうにある本をみる場合は、少しづつずらしながら背表紙を見ながら抜き出すのだが、ちょっとバランスを乱すと一気になだれ状態になり、まるで緊張感のあるゲーム。

 しかし、ときどき思いがけない本を見つけることがある。

 先日、山を崩しながら本を整理していたら、「世界の機関車」が出てきた。「世界の機関車:写真で見る世界シリーズ」(本島三良、秋田書店、1969)は、秋田書店から刊行されていた子供用の本。この本は小学生・中学生向けなのに、その内容は大人になった今でも十分読み応えがある。

 たとえば蒸気機関車がなぜなくなるかについて、エネルギー効率を例に説明している。蒸気機関車は発生したエネルギーの百分の六しか使わず、電気機関車は百分の三十、ディーゼル機関車では百分の十八となり、蒸気機関車はエネルギーのむだが非常に大きいことを説明している。さらに運行費用についても語られ、小学生の子供には難しいかなと思うがしっかり書いている。 

 しかし、何といってもこの本の楽しみは、日本やアメリカだけでなく、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアの機関車(蒸気、電気、ディーゼル)の豊富な写真にある。有名なアメリカのユニオンパシフィック鉄道のビッグボーイはもちろん、レイモンドロウイの設計した流線型の機関車、さらにブルガリアの動輪6軸の機関車などなどは、大人になったいま見ても飽きない。

|

« 海月@深川 | トップページ | 夏座敷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海月@深川 | トップページ | 夏座敷 »