« ミニ古本市@ラブガーデン | トップページ | 夏祭りの季節はじまる »

2008/07/31

京成白鬚線@東京の消えた鉄道

 先日、京島のラブガーデンからの帰り、京成曳舟から電車に乗ったら八広駅で通過電車待ちとなった。

78dsc00067_2 八広駅というのは、元の京成荒川駅。ここは東京物語の謎(2)で書いたが、小津安二郎の映画「東京物語」で東山千恵子扮するお祖母さんが孫と土手で遊び「あんたがのう、お医者さんになるころあ、お祖母ちゃんおるかのう・・・」という心にしみるシーンが撮影された地だ。いまは駅は高架となり、東京物語にあった風景は消え、荒川の流れだけが昔と変わらないようだ。

 消えた風景といえば、昭和の初めこの八広駅(旧荒川駅)と曳舟駅の間には、もう一つ駅があった。

Keisei_mukojima_5ここで昭和8年版の東京全図を開いてみよう。
 
 京成曳舟駅と荒川駅の中間に向島駅があり、そこから白鬚橋に向かって線路が伸びている。
 
 向島、長浦、玉之井、白鬚の四駅を結ぶ路線は、京成白鬚線と呼ばれ全長8Km。その営業は昭和3年から8年間という短いものだったが、良く知られている小説のなかに描かれている。

 永井荷風の墨東奇譚は、向島にあった玉の井を舞台としているが、主人公がお雪と出会う場面の直前、元の京成玉之井駅(停車場)が登場する。

 「線路に沿うて売貸地の札を立てた広い草原が鉄橋のかかった土手に達している。去年頃まで京成電車の往復していた線路の跡で、崩れかかった石段の上には取払われた玉の井停車場の跡が雑草に蔽われて、此方から見ると城跡のような趣をなしている」とある。
 
 墨東奇譚の中には東武線の玉之井駅(現在の東向島駅)も登場するが、あらためて地図をみると、京成と東武の玉之井駅は、非常に近く、さらに交差していることが分かる。なるほど墨東奇譚に鉄橋とあるのは、この二線が交差するためだったのだろう。

 廃線というと、どこか田舎にあるローカル線を想像してしまうが、東京の下町である向島の真ん中にもあったとは驚きである。もっとも鉄ちゃん呼ばれる鉄道ファンのなかには廃線巡りを趣味としている人がいて、この京成白鬚線もよく知られているそうだが・・・門外漢はただ感心するばかりだ。

|

« ミニ古本市@ラブガーデン | トップページ | 夏祭りの季節はじまる »

コメント

終点の駅(白鬚駅)は小生の家の前方方向 線路跡は狭い道路になっている。単線が走っていたようです。
って親父に聞いたことがある。「三共製薬」跡地が現在は住宅が建っている。その前は蓮田でしたとのこと。ですから
地面を掘るとすぐにガスガラと水が出てくる湿地帯です。
江戸時代は池というか沼だったんでしょうね。で!お寺も多いから、旧地名は寺島町。墨東奇譚、滝田ゆうの世界ですねぇ

投稿: ドラおじさん | 2008/08/01 14:19

ドラおじさん、こんばんは、
 白鬚線は単線だったんですか!駅や線路の写真が見つかると良いのですが、なにしろ戦前に僅か8年しか存在しなかったのでこれは相当難しかも。また”寺島は、沼澤のなかの島のような所に寺が建てられて、人家もしだいに多くなったので、寺島と呼ぶように・・・”とありますから、地面を掘れば水が出るという話しも納得です。

 ところで白鬚橋の近くに造船所があったそうですが、何かご存知でしょうか?

投稿: じんた堂 | 2008/08/01 21:40

でしょうね 知ってる人しか知らない(当たり前か)
>白鬚橋の近くに造船所
以前は「久保田鉄工」の工場がありました。造船所はあったかもしれませんが、現在ではさらに上流 鐘淵紡績跡の近くで伊沢造船というのがあるようです。荒川とつながる水門近くです。

投稿: ドラおじさん | 2008/08/01 22:16

ドラおじさん、造船所の件、情報ありがとうございます。
 かつて白鬚(寺島)の渡しがあって、その近くに造船所があったようです。どうやら、これは白鬚橋の下流のようですが、それほど大きくはなかったのかもしれません。

投稿: じんた堂 | 2008/08/01 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニ古本市@ラブガーデン | トップページ | 夏祭りの季節はじまる »