« フィアット:自動車ポスターにみる1960年代 | トップページ | メルセデスベンツ:自動車ポスターにみる1960年代 »

2008/08/28

シトロエン:自動車ポスターにみる1960年代

 イタリアのフィアットにつづいて、フランス・シトロエンのポスターをみてみよう。

8citroen19650_2cv これは1965年のシトロエン2CVのポスター。この車はもともと農民のための車として1948年に発表されたが、その簡素にして必要十分な装備と経済性のため、やがてフランスを代表する車となった。

 1960年代には、シンプルなオシャレなクルマというイメージもできあがり、いまやただの農民車ではないと訴えたかったのか、このように郊外にある大きな屋敷前にたたずむポスターも作られていた。

 大きくドアを開き、薄くて平らなドアと、それと正反対にいかにもユッタリしたシートを強調したような構図は、前回のイタリアフィアットのギュッと詰まった感じと違う、ユルサと伸びやかさがある。これがフランスの造形なのだろう。

 ところで、このシトロエン2CVは一時期日本でもよく見かけたが、もちろん乗っているのは農民ではなく、オシャレなカタカナ職業の人が多かった。そしてこのクルマを日本で有名にした最大のものは、映画ルパン三世に登場したことだろう。

|

« フィアット:自動車ポスターにみる1960年代 | トップページ | メルセデスベンツ:自動車ポスターにみる1960年代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィアット:自動車ポスターにみる1960年代 | トップページ | メルセデスベンツ:自動車ポスターにみる1960年代 »