« 蛎殻町の美容院 | トップページ | 清澄白河へ »

2008/09/04

蛎殻町の銭湯

 蛎殻町を語るとき外せないのが銭湯:木村湯。いま、その木村湯が取り壊されマンション工事をしている。

7dsc01276 かつて蛎殻町の路地に、酒屋さんと中華料理店に挟まれて一軒の銭湯が建っていた。この付近では数少ないというか唯一の銭湯で、夕方、この路地を通ると銭湯帰りのお年寄りの姿をよく見かけた。

8dsc04296_5 営業中の木村湯(2007年9月撮影)

 その工事現場を眺めならが、地元の方と蛎殻町談義。(といっても、こちらはもっぱら聞き役だったが・・・)

 ”この木村湯のある路地はかつて蛎殻銀座とも呼ばれ、飲食店や飲み屋が数多く、寿司屋だけでも三軒もあり、夜も人通りが多く大変賑わっていた通り。その頃、この付近には瀬戸物屋が多くて、今は人形町で行われている瀬戸物市も、もともとこの路地と交差する通りで行っていたのが、狭いために新大橋通りに移動、それが人形町へ移っていたもの。さらに、この付近にはいまも印刷関係が目立つが、これでもだいぶ減り、以前はもっと多くあった”。

 路地から見るとちょうど突き当たりにある、新大橋通りに面して建つ銀杏八幡がこの地の神社。昼間はサラリーマンがあふれているが、やはり古くからの会社や大商店が少なくなったので、お祭りもかつてほど盛り上がらない。木村湯がなくなってからは、人形町の世界湯まで通っているなどなどの面白い話しがありましたが、それはまた別の機会に。

|

« 蛎殻町の美容院 | トップページ | 清澄白河へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛎殻町の美容院 | トップページ | 清澄白河へ »