« 雲に追われて | トップページ | 清澄庭園を歩く »

2008/09/09

秋の日差しに立ち止まる

 サラッとした乾いた空気につつまれた午後、

7dsc01409 用事を済ませて地下鉄の入り口に立てば、階段の下の踊り場がまぶしい。日差しが低くなりちょうど階段の傾斜と同じになったのか、入り口に立つ人の影が、日に照らされて踊り場まで伸びている。

 ここでは誰もが足長に!

 こころなしか黄色味をました秋の日差しに思わず足が止まる。

|

« 雲に追われて | トップページ | 清澄庭園を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲に追われて | トップページ | 清澄庭園を歩く »