« 古本日和 | トップページ | 冷たい空気に包まれて »

2008/10/15

久しぶりの日光浴

 谷中にある宗善寺から三崎坂に向かう道の途中に、古いレンガ壁が出現している。

7dsc02090 建物が取り壊され、三角形の土地の奥に隠れていたレンガ壁が表れたのだ。長いあいだ日陰になり、ところどころ風化し表面がデコボコになっているのもあるが、まだエッジの立ったものや色鮮やかのものもあり、久しぶりの日光浴をしている。

 ところで、赤レンガと言えば東京駅だが、その外装の赤レンガ(赤色タイル)を製造したのは、じつは品川白煉瓦製造という会社だったそうだ。

|

« 古本日和 | トップページ | 冷たい空気に包まれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古本日和 | トップページ | 冷たい空気に包まれて »