« 冬のセンダン | トップページ | ボタンが見つからない! »

2009/01/21

ジョバンニ・ミラバッシOUT OF TRACKを聴く

 久しぶりのイタリアンジャズ・アルバムの紹介。

Gmirabassi ジョバンニ・ミラバッシ・トリオのアルバム:OUT OF TRACK(VACM 1365)は、録音2008年5-7月、発売12月3日の最新版。

 オリジナル曲でなく定評のある(スタンダード)曲と言っても、ピアソラやモリコーネを選曲するところがジョバンニ・ミラバッシらしいところだが、全体を通じて難解なところがなく聴きやすいアルバムに仕上がっている。激しい曲でも、美しいメロディラインを崩さず歌うように演奏するスタイルは、ヨーロッパいやイタリア・ジャズならではのものだが、このアルバムもその特長がよく表れている。

 気に入ったのは、1曲目:ディア・オールド・ストックホルムも良いが、静かな調子ではじまりメロディが美しい3曲目:南へ帰ろう(ピアソラ作曲)と、速いテンポでノリのよい12曲目:コンヴィッテ・パラヴィータ(アントニオピンテ&エドコルテス作曲)だろうか。この2曲は、どちらも映画のために書かれたものだそうだが、これら以外の曲も外れがなく、休日の午後など、心地よい音楽に浸りたいときに最適なアルバム。

|

« 冬のセンダン | トップページ | ボタンが見つからない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のセンダン | トップページ | ボタンが見つからない! »