« わがやのお雑煮#2009 | トップページ | Wall Garden »

2009/01/04

笑いを作る

 昨年末、近くにあった大きな家が更地となってしまった。その家が、まだお屋敷と呼ばれていた頃は、木製の門があり、正月になると大きな門松が飾られていた。やがて持ち主が代わり、門の扉が金属製になると門松は見かけなくなった。

7dsc03855 ところで、1月号のメトロガイドで、東京都公園協会の方が「門松には”笑い”を作るようにしています」と語っている。

 門松の台座作りでの藁すぐりの苦労話に続いて、

 ”スックと真っ直ぐに伸びた2~3年ものを選び、1本から190・170・150センチの3本を採ります。これを斜めに切るのですが、このとき節の部分をうまく利用して、切り口下部に人が口を開けたような”笑い”を作るのがポイント”と語っている。

 初詣に訪れた神社の門松をみたら、たしかに竹の節の下側に小さな口が開いている。

 門松作りは先輩から教わるそうだが、このような細工を「笑いを作る」と語り継ぎ、さらに縄の結びを梅の花びらのように編むなとは、なんと粋な世界だろうか。

|

« わがやのお雑煮#2009 | トップページ | Wall Garden »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わがやのお雑煮#2009 | トップページ | Wall Garden »