« 春樹とSWING! | トップページ | ルイージ・マルティナーレのLe Sue Ali を聴く »

2009/02/28

ギターとオルガンの響き

 昨日は、朝からの雨に白いものが混じりはじめた。雪と言えないこともないが、霙(ミゾレ)、いや氷雨だろうか。

7dsc04552_2

 その氷雨に負けず、地下鉄で神保町へ向かう。  やはり悪天候のためか、どこも人出が少ない。  古書市で「アルバム東京文学散歩」(野田宇太郎、創元社、昭和29年)、「鏑木清方文集5名所古跡」(白鳳社、昭和54年)の2冊を購入。どちらもヒヤケのため格安本。

追記:3/1
---
 「アルバム東京文学散歩」は、野田が、文学散歩の取材中に撮影した写真を集めた本。野田自身は”文学書”だと主張しているが、やはり写真集としてみてしまう。昭和27年頃、戦後の復興が進む東京の姿と焼け残った本郷・向島などが記録されている。

 鏑木清方文集第5巻のタイトルは、”名所古跡”となっているが、隅田川、築地川、銀座などの東京の町の様子が語られているので購入。93歳と長生きした鏑木だけあって、その話しは大正から昭和37年頃までと幅広い。
---

 本を抱えて、以前キースジャレットがかかっていた喫茶店で一休み。

 ドアを開けたらギターの音。なんというか曲か分からないが、独特な柔らかなギターサウンド(たぶんオクターブ奏法)はウエスモンゴメリーか・・・。

 それにしてもベースの音が柔らかいのに音程がはっきりしている。立てかけてあったLPジャケットをみたら、ギター・ドラム・ハモンドオルガンによるトリオ、ギターはやはりウエスモンゴメリーだった。

 あの深いベース音はハモンドオルガンが担当していたようだ。

 ハモンドオルガンは電気式オルガンだが、現代のデジタルシンセサイザと違ってアナログ。しかもその音源部分は、メカニカルなディスク(直径5cm程度)と電磁ピックアップを組み合わせたトーンホイールジェネレーターで構成されている。100枚近くあるディスクを常時回転させている、まるでメカの固まりのようなオルガンなのだ。

 今夜は、BSで黒いオルフェ(音楽はアントニオカルロスジョビン)を見る予定。

|

« 春樹とSWING! | トップページ | ルイージ・マルティナーレのLe Sue Ali を聴く »

コメント

こんばんは。鏑木清方は鎌倉に元自宅を改装した美術館があってお勧めです。
ハモンドオルガン。メカの固まりなのに、外観は巨大な家具調で(レズリースピーカーと併せて)親しみを感じます。

投稿: M.Niijima | 2009/02/28 23:17

Niijimaさん、こんにちは、
鏑木清方の文章は、今回初めて読みはじめたのですが、明治生まれの東京人らしく文体がさっぱりしていていいですね。鎌倉の美術館もぜひ訪れたいと思います。

ハモンドオルガンは、これでしか出せないサウンドがあるようで、いまだに愛好者が多いようです。

投稿: じんた堂 | 2009/03/01 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春樹とSWING! | トップページ | ルイージ・マルティナーレのLe Sue Ali を聴く »