« じんた堂@春の一箱古本市2009 | トップページ | 1966年へ・・・ »

2009/04/18

新緑見物

 昨日ほどではないが、少し風が冷たい薄曇の土曜日、新緑のモミジを見る。

7dsc05005 モミジ見物というと普通は秋の紅葉となるが、この時季のモミジもなかなか良いのだ。

 若葉におおわれたモミジを見上げれば、大小の葉が微妙な濃淡を描いている。小さい葉は、薄いためか日差しを通して黄色く輝き、大きい葉は日差しをさえぎるらしく暗く緑も濃くみえる。かんたんに若葉といっても、その色調は葉によって微妙に色調が違う。

 さらによくみると、小さな赤い点が葉のところどころに見え隠れしている。

 モミジの花だ!

 モミジの花には蜜でもあるのだろうか、小さな虫が飛び回り、その中には蜂もいる。

 モミジの楽しみは、この後もつづく。

 花が終わると、二葉のような形をした実がなり、やがてその実は、プロペラのように空中を回転しながら舞っていくのだ。

 ところでモミジの葉は、和食のかざりとしてもよく見かける。いわゆる「つまもの」と言われるもので、春(初夏)の新緑の若葉、秋の紅葉とよく利用される。春秋を目で味わう、こういう楽しみもできるのがモミジの良さかもしれない。

|

« じんた堂@春の一箱古本市2009 | トップページ | 1966年へ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じんた堂@春の一箱古本市2009 | トップページ | 1966年へ・・・ »