« エバーグリーン&エバークリーン | トップページ | イチキュウハチヨン? »

2009/05/31

ガラモント

 雨の週末、「平野甲賀(装丁)術・好きな本のかたち」(晶文社、1986)をよむ。

Hirano_koga 平野甲賀は、長いあいだ晶文社の本の装丁をおこなってきたことで知られる。その平野が、自らの装丁について語ったのが「平野甲賀装丁術・好きな本のかたち」。この本で知ったのだが、平野は、新潮社から発行された小林信彦の本の装丁もおこなっており、晶文社専属ということではないらしい。

 その彼の装丁で目につくのが、タイトルの特長のある文字。

 既製のフォントでなく、みずから描いた「書き文字」は、大きさと文字間のバランスが絶妙だが、じつは・・・。

 「フリーハンドで書くのだと思ってましたが・・・」
 「いやいや、定規と雲形をかならず使います。そうしないと、手癖がでてきちゃってイヤなのね」

 なるほど、あの躍動的ながらキッチリしたタイトル文字の直線と曲線は、こういうことだったのか。

 さて、その平野だが、巻数の「1」だけは写植書体でやってみたいと「ガラモント」書体を選んだと語っている。

 ガラモント?

 はじめてみるこの書体名を調べたら、16世紀にクロードガラモン(Claude Garamond)が作った書体で、ヨーロッパの本に使われているとあった。しかもこのフォントは、いまもマイクロソフト・オフィスに入っているそうだ。早速Wordを開き、フォント選択のメニューのリストをみたら、「Garamond」の文字。

 オフィスソフトは長いこと仕事で使っているが、Garamondというフォントはまったく知らなかった。このフォントは、どういう文書に使用するのだろうか、いつか機会があったら使ってみよう・・・。

|

« エバーグリーン&エバークリーン | トップページ | イチキュウハチヨン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エバーグリーン&エバークリーン | トップページ | イチキュウハチヨン? »