« エンリコ・ピエラヌンツィのDREAM DANCEを聴く | トップページ | エバーグリーン&エバークリーン »

2009/05/26

R55はアンチモスキート派

 先日、深夜の公園でモスキート音を流す実験が話題になった。

7dsc05061 人間は、年齢が上がるとともに高音を聴きとる能力が衰えることを利用し、若者だけに聴こえる不快な高音(モスキート音)を流す試みである。

 このモスキート音とは、どのぐらいの高音なのだろうか?また、自分は聴こえるのだろうか?

 ニュースによればモスキート音は17KHzとされている。

 じつは以前、スピーカー特性測定の実験をしたことがあり、そのとき自分が聴こえる周波数範囲を知った。私が確実に聴こえたのは、25Hzから12.5KHzだったから、私はモスキート音が聴こえないアンチモスキート派となる。

 子供から携帯電話をいきなり出されて、この着信音が聞こえなくなったら、もう若くないといわれたご同輩。モスキート音が聞こえないのは、あなただけではないのだ。

|

« エンリコ・ピエラヌンツィのDREAM DANCEを聴く | トップページ | エバーグリーン&エバークリーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンリコ・ピエラヌンツィのDREAM DANCEを聴く | トップページ | エバーグリーン&エバークリーン »