« プラッシー | トップページ | 入谷から根岸へ »

2009/07/05

泪橋のアパート@南千住

 南千住の景色については、すでに師匠がここで取り上げられているが、週末、その南千住で用事があったので出かけた。

7dsc06293 日比谷線も三ノ輪駅は、都電荒川線との連絡も近く、何度か利用したことがあるが、隣りの南千住駅で下車するのは初めて。南口に降りるが、ここはジョウロのようになった隅田川貨物駅構内の線路がギュッと一点に集まり、クルマは地下道、線路は地面、人は線路をまたいだ歩道橋を歩くという、クルマ・鉄道・人が三層に重なった複雑な地。

 用事が予定より早くすんなり片付いてしまったので、帰り道はどうしようかと思いながら、付近を歩いてみた。

 明治通りの交差点名は泪橋。

 橋という名が付いているが、川らしきものはまったく見えない。

 ここでいつもの「川の地図辞典」を取り出しP104台東区のページをみると、明治通り沿いに「思川」を見つける。三ノ輪で二つに分かれた音無川は、一つは山谷掘りを経て隅田川に流れ込み、もう一つは思川となって泪橋を通り白鬚橋付近で隅田川につながっていたのだ。

 ここにも消えた川の名残。

 近くの路地を歩いていたら、玄関のデザインが面白い古いアパートに出会う。

 玄関屋根下の門燈は球形、その屋根を支える柱も円柱となっている。この屋根程度の幅と奥行きならば、柱など無くても十分だろうが、このデザインのこだわりは・・・である。

|

« プラッシー | トップページ | 入谷から根岸へ »

コメント

師匠に師匠呼ばわりされるのは何とも(^^;ですが、まちから「合理一点張りではないもの」が消えてゆきますね。最近は、合理=余裕が無い...とさえ思えるようになりました(^^;

投稿: masa | 2009/07/06 13:58

 たしかに、このごろ町の風景から、遊び心というかシャレ気のようなものが、消えていくような印象がありますね。やはり余裕がなくなったのでしょうか・・・。
 ところで帰り道は、南千住から浅草行きのバスに乗ったのですが、なかなか良さそうな風景がありました。次回は、この路線に沿って歩こうと思っています。

投稿: じんた堂 | 2009/07/06 20:46

こんばんは。
これは好いですね。
南千住は何度も歩いているのに、これは気が付きませんでした。
もし差し支えなければ、だいたいの場所をご教示願えませんでしょうか。。。

投稿: neon | 2009/07/11 22:26

neonさん、こんにちは。
このアパートは大きいのですが、外壁がグレーで目立たないので、見過ごしがちですね。名前も、いかにも昭和30年代風で、ちょっと惹かれました。
場所ですが、地図で確認してからメールで送ります。

投稿: じんた堂 | 2009/07/12 13:24

ご無沙汰しております。

>ここでいつもの「川の地図辞典」を取り出し...
などとありがとうございます。

よろしく。取り急ぎ。

投稿: 川好き | 2009/08/02 10:20

川好きさん、こんにちは、
地名に橋とついていたら、まずは「川の地図辞典」で確認、これは町歩きの基本ですね!
ところで御依頼のありました件、メールにて送りました。

投稿: じんた堂 | 2009/08/02 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラッシー | トップページ | 入谷から根岸へ »