« 入谷から根岸へ | トップページ | 梅雨明けしたとみられる・・・ »

2009/07/12

幻景@根岸

 寺町のような落ち着いた佇まいの根岸だが・・・

7dsc06397 金杉通りに口を開けた路地に一歩はいると、それまでの根岸とはがらっと異なる風景に出会う。

 道路に面した前面部分は、上下二色にペイントされたトタン板の状態から分かるように、相当古そうな工場のようだ。しかも、その奥に並ぶ建物は、梁に何か構造物を取り付ける予定だったのか、屋根の梁が道路に突き出している。

 根岸といえば、寺や木造建築の屋敷が並ぶイメージを持っていたが、この路地をとりまく色と形は、まるで異次元のような幻の景色。

|

« 入谷から根岸へ | トップページ | 梅雨明けしたとみられる・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入谷から根岸へ | トップページ | 梅雨明けしたとみられる・・・ »