« 「映画カラオケ」のすすめ | トップページ | 深川東京モダン館 »

2009/10/11

秋の一箱古本市2009

 10月連休の都内は、楽しいイベントがあふれている。

7dsc08370 芸工展・谷中祭・菊祭などイベント盛りだくさんの谷根千で、恒例となった秋の一箱古本市が10月10日に開催されたので立ち寄ってみた。

 ライオンズガーデンでミューブックスさんと脳天松屋さん、宗善寺に向かう途中で古本講座同級生など、あちこちで顔見知りに出会う、皆さん元気!

 ざっと見わたした今年の秋の一箱古本市の印象ですが、村上春樹の本をあちこちの箱で見かけました。1Q84が2巻で200万部を超える大ヒット、さらにノーベル文学賞ももうすぐという噂(今年はドイツのヘルタミュラーが受賞でしたが)もあり、もう一度村上春樹を読み直そうということかも。一箱古本市にも村上春樹がキター!ですね。

 さいごに新しい一箱古本市情報をひとつ。9月に訪れた小布施から「まちとしょテラソ」スタッフが、谷根千に出店されていました。すでに来年の計画をしていて、来春(2010年4月17・18日)、小布施のお寺の境内で一箱古本市を開催する予定だそうです。

|

« 「映画カラオケ」のすすめ | トップページ | 深川東京モダン館 »

コメント

おはようございます!
市川糂汰堂さんは今回出店なしだったんですか?
毎回レギュラーかと思ってましたが。
告知がなかったのはそういうことだったんですね。

投稿: おじさんの独り言 | 2009/10/12 05:44

おじさんの独り言さん、こんにちは、コメントありがとうございます。
秋は、いつもお客として参加しています。イベントを見物したり、買い物したり、天気も良く楽しい休日でした。上野から谷根千にかけては、まだまだイベントがありますので、是非お出かけください。

投稿: じんた堂 | 2009/10/12 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「映画カラオケ」のすすめ | トップページ | 深川東京モダン館 »